Skypeにサインインできない時の対処法まとめ

遠くにいる友人と電話料金を気にせずに話をすることができる無料通話ツールといえば、昔からあるSkypeを連想する方も多いのではないでしょうか。単体のアプリでの使用はもちろんのこと、Facebookのメッセンジャーでも利用することができ、多くの方に愛用されています。

そんな便利なSkypeですが、出先などで突然サインインができなくなるという事態が発生することがあります。そんなサインインができないトラブルが発生した際に疑うべき問題点と対応策をご紹介します。

単純なアカウント間違い

PCでは起こりにくいかもしれませんが、スマートフォンやタブレットを使用している際にサインインができない場合、まずアカウントが正しいかどうかを確認してみてください。前述した通り、SkypeはアプリとFacebookメッセンジャーの2つの起動方法があり、これによってアカウントが普段使っている方のものとは別のものに切り替わってしまっている可能性があります。

対処方法は、一度サインアウトして再度自分が実際に使っているアカウントでサインインするだけです。

セキュリティーソフトのブロック

アンドロイド携帯やPCの場合、インストールしているセキュリティーチェックのソフトの設定(特にファイヤーウォール)が原因でサインインができない場合があります。

自分で設定をした記憶がなくても、新しいアプリをインストールした際などに自動で設定される場合もあるので、確認することをお勧めします。

対処方法はファイヤーウォールのアプリごとの設定があればそこをOFFにすればOKです。

アプリケーション自体がクラッシュした可能性

これも比較的よくある症状です。使用しているうちに何らかの理由でSkypeアプリ自体がクラッシュしてしまいサインインができない(というかアプリとして使用できない)という状態になっている場合です。

この場合は、一度アプリケーションを削除して、再インストールすることで状況が改善されます。

アカウントの乗っ取り

非常に注意すべき原因の1つとして、アカウントの乗っ取りが挙げられます。アカウントが乗っ取られて勝手に使用されていることでサインインが出来なくなっている場合です。この場合はSkypeのパスワード変更を実行しないと状況の改善ができません。この場合には、「サインインでお困りですか?」に表示される指示に従いパスワードをリセットして、新しいパスワードの設定をしてください。

まとめ

 頻繁に起こりやすいと思う現象を対処方法とともに4つご紹介しました。当然これ以外の現象も起こりえますので、まずはわかる範囲で色々と対処をしてみてください。