Skypeの会話が途切れてしまう時の対処法

無料通話ソフトの老舗的存在のSkypeですが、意外と会話が途切れやすいという問題もあったりします。そんなときに簡単にできる対処方法をご紹介します。

ネット状況の改善を図る

Skypeはインターネットを使用して通話を行うソフトです。つまりネットの通信速度が悪いと当然会話は切やすくなります。したがって、Skypeで会話をスムーズに行うためには、ネットの通信速度を改善するということが重要となります。

そこでまずは自分の使用しているネットワークの通信状況を確認してみましょう。これは有料のアプリもありますが、無料で診断できるアプリやウェブもあるのでそちらで大凡の通信速度を見ることをお勧めします。

この通信速度の数値が非常に低い場合は、まずその改善をすることをお勧めします。改善方法としては、

1. 同じアクセスポイントに接続してる他の端末がある場合には、その端末のネットワーク接続を一時的に切る

2. スマートフォンの場合、電波状況が悪いと通信速度が落ちる場合があるので電波状況の良いところに移動する。

3. スマートフォンの場合、人ごみの中で使用する場合には通信速度が遅くなる場合があるので人ごみから離れた場所まで移動する。

こういったことで通信速度が速くなれば会話が途切れることは少なくなります。

使用している端末のネットワークの使用状況を改善する

これは特にPCで発生しやすいことなのですが、常駐しているアプリやSkype以外で使用しているアプリの中でネットワークの通信をするアプリが多い場合にも会話が途切れやすくなります。

特に動画再生やデータのダウンロードを実施しながらSkypeをすると、それぞれのアプリがネットワークを使用することでアプリごとの通信速度が遅くなり会話が途切れる場合があります。

こういった場合には、使用しないアプリを終了させることでSkypeの通信速度が改善できるので会話が途切れにくくなります。

SkypeにCPUの負荷やメモリ使用を集中させる

これもイメージとしては前述の内容に近いです。特にPCでたくさんのアプリを起動させた状態でSkypeを使用すると、メモリは起動させているアプリ分だけどんどんメモリを使用していくので、Skypeで使用できるメモリの量も減っていくことになります。そうするとどうしても会話が途切れやすい状況になります。

そんな時は不要なアプリを消去してメモリもCPUの能力もSkypeに集中させることで、会話が途切れにくい状況を作ることができます。

まとめ

ネットワークの通信状態と、使用している端末の状況次第で会話が途切れにくくすることが出来ます。『アプリが悪い!』と諦める前にちょっとした対策で快適な通話を楽しんでみてはいかがでしょうか?


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square