Skypeの友達ブロックと削除の違い

たくさんの友人とつながりを持つことができるSkypeなどのコミニュケーションツールですが、ちょっとした行き違いで仲が悪くなったり、連絡を取りたくなくなるといった事もあるのではないでしょうか。そんな時に使用する連絡先の『ブロック』と『削除』には、どういった違いがあるのでしょうか?

連絡先の削除

これは連絡先にあるその友人のデータを全て消すことで、それ以降はSkypeを使って全く連絡などをすることが出来なくなることを意味します。当然この削除を実行すると自分の連絡先には相手のデータがないのでこちらから連絡をするということは不可能になります。

また相手側の方も連絡先が『承認待ち』の状態の『?』となるため、通話をすることもメッセージをすることも出来なくなります。

連絡先のブロックとは?

ブロックの場合は相手の連絡先には常にこちらの名前は表示されています。しかし常にオフラインの状態となり、相手側からはメッセージも通話もすることが出来なくなります。

よく使われる場面としては、知り合って連絡先を交換したけど迷惑メールが多く送られてくるので、そういった受信を拒否したい場合に使用されます。

ブロックと削除の違いは?

こうやってみるとブロックと削除の違いは、相手側の連絡先のリストに『承認待ち』の状態になるのか、常にオフラインと表示されているかの違いだけのように思います。

しかし『承認待ち』の状況は、例えば何らかの理由でアカウントの変更を実施した場合や、間違ってSkypeの設定や連絡先を消去してしまった場合も考えられるので、もう一度「承認リクエスト」を送信することもできます。

しかし、常に『オフライン』の状況になっていても相手が本当にSkypeを使用していない状態である可能性もあるので、ブロックされた側からは判別がつきません。

何にせよ、自分から連絡先の削除やブロックと言ったことをなるべくしないで済むような友人とだけ連絡先を交換しておく方が良いと思います。


イベント