Skype中にノイズが入ってしまう時の原因と対処法

無料通話の便利なツールSkypeですが、せっかくの会話中にノイズが入ると少し興ざめしてしまいますよね。しかも自分だけでなく相手の方にもノイズが入る場合もあります。

そんなノイズが発生した時の原因と対処方法をご紹介します。

アプリ不具合によるノイズの発生

これはよく起こる現象です。使用中に何らかの原因でアプリに不具合が発生し、ノイズを発生させているパターンです。

この場合はアプリを一旦終了(相手にも一度通話を切ることを伝えましょう)し、改めてアプリを起動し通話をすることでノイズを無くすことが出来ます。PC自体を再起動し、アプリだけでなくOS自体もリセットをするという方法も手っ取り早く有効な方法です。

音声入力デバイスによるノイズの発生

ヘッドセットを使用して通話をしている場合、ノイズが発生する可能性があります。例えばコードレスのヘッドセットを使用している場合には、他の電波と干渉してしまいノイズを発生するおそれがありますし、コードレスでない場合であればコードの部分が何らかの電波を受信してしまいそれがノイズになるという場合もあります。

この場合はスマホやタブレットの場合はヘッドセットの使用をやめて通話するか、PCの場合であればヘッドセットの差し込みをやり直すと言った処理でノイズをなくすことができます。

通信速度によるノイズの発生

 ネットワークの通信速度によってノイズが発生する場合があります。これは通信速度が非常に遅くなっている場合に音声データの欠落が発生してしまい、それが結果的に通話品質を落としノイズの様に聞こえることによって引き起こされます。

この症状は使用している端末のスペック(CPUの能力やメモリの量など)にも影響を受ける場合がありますが、そちらの原因よりも通信速度の低下が一番の要因だと思われます。この場合は通信速度の改善しかノイズ軽減は見込めません。

まとめ

同じノイズでも、原因が違えば対処法も異なります。現在起こっているノイズの原因をきちんと特定し、適切な対処をするようにしましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square