Skypeでチャット通知を消す方法

 Skypeのチャット通知の機能ですが、便利な反面思わぬ場面で通知が来てしまい困ってしまう場合もあるのではないでしょうか? そんな時に焦らないようにするためにも、チャット通知の設定を変更する方法を学んでおきましょう。

設定方法

 チャット通知の設定方法ですが、Skypeを起動し連絡先の中からチャット通知をコントロールしたい人(もしくはグループ)をダブルクリックし、インスタントメッセージの送信画面を表示します。

skype05

開いたウィンドウのメニューの中から『会話』をクリックしてください。そうすると次のメニューが表示されるのでその中の『通知設定』をクリックしてください。

skype06

 すると、チャット通知の設定として『通知機能有効』『通知機能無効』『以下の単語が現れた時のみ通知』の3つのメニューが表示されます。

skype07

通知機能有効

これはデフォルトで選択されており、連絡先に登録した人がメッセージなどを送信した場合に必ず通知を行うというものになります。これが常に有効であるために、グループ内に向けての発言などがあると常にチャット通知が行われるという状態になります。

通知機能無効

これは先ほどのチャット通知が有効になっている状態ではなく、常に通知をしないという設定です。急いで返信をする必要がないような場合や、出先などでチャット通知を受け取ることに問題があるような場合に設定することで全ての通知を受けないようにできます。

以下の単語が現れた時のみ通知

これは登録した単語が発言された場合にのみ通知されるという設定になります。例えばここで自分の名前を登録しておくと、自分の名前が入っていない会話では通知をされることはないのですが、自分の名前が入った会話がされると通知をしてくれるので、他の人が自分向け向けた発言だとか問い合わせをしているような場合にすぐに対応できるというメリットがあります。

まとめ

チャット通知の設定を使いこなすことで、通知を受けにくい場面での呼び出しを回避したり、グループ内の会話でも自分に向けられた発言だけを逃さずに済ますことができます。少し面倒かもしれませんが通知を自分の用途に合わせて設定しておくことをおすすめします。


イベント