Skypeの音質を向上する方法

 Skypeや他のコミニュケーションツールを使用する場合に、最大の敵となるのが音質ではないでしょうか? 音質が良ければ何のストレスもなく使い続けることができるのですが、音質が悪いとストレスを感じることになり、普通の固定電話や携帯電話で通話せざるをえなくなることもありますよね。

そこで今回はSkypeの音質改善に役立つ方法をご紹介します。

会話をする環境を考える

例えば夏の暑い時に、扇風機の近くでSkypeを実施するとどうなるでしょうか? マイクが風の音を拾ってしまい、相手にすごい雑音が届けられることになります。

他にも、非常に狭い空間で音が反射しやすい場所で通話をする場合(例えばお風呂場で通話する場合など)話す言葉が反射してしまいエコーがかかった様になるために、相手が言葉を聞き取りにくくなるということが起きる場合があります。

どちらの例えの場合も、ちょっと話す場所を改善することで相手にとてもクリアな音声を届けることができます。Skypeを実施する場所は、音質改善には重要な要素となります。

マイクの設定で音質改善を行う

 Windowsの場合であれば、使用するマイクごとにドライバーがインストールされると思うのでその設定を調整することで、Macの場合は『システム環境設定』の中にある『サウンド』内の設定を調整することで音質の改善が図れる場合があります。

これはマイクの性能でカバーしきれない部分をソフト上でカバーする方法で、これだけでも結構音質の改善が見込めます。特にWindowsの場合は、マイクの設定以外でもサウンドボードの設定でさらに細かく調整できる場合もあるので、この辺の調整方法を学ぶことも1つの方法になります。

マイクやヘッドセットを最新の物に買い換える

今使用しているマイクやヘッドセットが古い場合には、新しい物に買い替えることで簡単に音質改善ができる場合があります。技術の進歩や使用している部品の改善などにより、音質がよくなります。

まとめ

 Skypeを行う場所(環境)を考えたり、マイクの設定を調整することである程度の音質の改善をすることは可能です。しかしそれ以上に使用しているマイクやヘッドセットが非常に古い場合には当然それを買い換えるだけでより大きな音質改善を期待することもできます。友達から『音が悪い』と言われる場合には、一度音質改善に挑戦してみてはいかがでしょうか?


イベント