Evernoteベーシック、プラス、プレミアムプランの違い

今回はEvernnoteベーシック、プラス、プレミアムプランの違いについてご紹介します。

Evenoteには3種類の 利用プランが存在します。

1つ目は、Evernoteを使い初めてまもない多くのユーザーが利用する初歩的な無料プランのEvernoteベーシックです。2つ目は、ベーシックでは物足りなさを感じてきたユーザー向けの低価格プランのEvernoteプラスです。そして3つ目はアップロード容量が無制限のヘビーユーザー向けのプランのEvernoteプレミアムです。

では、Evernoteの3つのプランを1つずつご紹介します。

「Evernote ベーシック」(無料)

Evernoteベーシックは、これからEvernoteを使い始めようと思っている人やライトユーザー向けの、無料で利用できるプランです。Evenoteベーシックには利用できない機能もありますが、初心者の方には不自由に思う部分は少ないでしょう。利用しているうちに徐々に便利な機能を理解し、自分なりの使い方が分かっていくはずです。そうして利用している中で不自由を感じたときに、有料プランの利用を検討すると良いと思います。1ヶ月に60MBまでのデータをアップロードできます。

「Evernote プラス」(月額240円)

 Evernoteプラスは月額240円の有料プランです。ベーシックプランで使えない機能にストレスや不自由さを感じるユーザー向けのプランです。Evernoteベーシックより容量が多く柔軟性があります。Evernoteプラスは月間のアップロード容量が1GBに増加しています。また、スマホにWi-Fiやネット環境がなくてもオフラインでノートにアクセス可能です。また暗証番号ロックやメールでノートが作成できます。料金は月額240円で年額は2,000円です。

「Evernote プレミアム」(月額450円)

Evernote プレミアムは月額450円の有料プランです。Evernoteを最大限に活用したい方、ヘビーユーザー向けのプランです。ビジネスに必要な全ての要素が詰め込まれたプランです。Evernoteプレミアムでは、作業に関わるデータを一元管理できます。また、アップロード容量の制限もありません。更にノート1つごとのサイズ上限も引き上げられています。文章の作成、プロジェクトの下調べ、情報共有、プレゼンまでこのプラン1つで完結します。料金は月額450円で年額は4,000円です。

Evernoteはユーザーの用途や頻度によって、好きなプランを選ぶことができます。初めて使う方はまず、Evernoteベーシックから、その使い勝手を試してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square