エクセルで複合グラフを作る方法

違う要素を組み合わせて、1つのグラフに表示させることを複合グラフと呼びます。ここでは複合グラフの作り方について説明します。

複合グラフって何?

25_1

上の図のグラフのような棒グラフと折れ線グラフ、違う要素のグラフが混在しているグラフを複合グラフといいます。複合グラフは、横軸共通で、縦軸が2種類あるというのが一般的です。

複合グラフの作り方

25_2

グラフを作った表に月合計を加えてグラフを作ります。

25_3

普通にグラフを作るとこのような感じになります。月合計の部分だけ折れ線グラフで表示して複合グラフにして見ましょう。

25_4

月合計の要素を選択状態にして右クリックをし「系列グラフの種類の変更」をクリックします。

25_5

このような画面が出ますので月合計の部分を「折れ線」、第2軸にチェックを入れます。

25_6

複合グラフができました。

第2軸にチェックを入れることで、縦軸が各人の売り上げと月合計で別々に表現されています。それぞれの要素の数値が離れすぎていたり、単位が異なる場合など第2軸に必ずチェックを入れましょう。

まとめ

・グラフの要素を選択した状態で右クリック→「系列グラフの種類の変更」で複合グラフが作成可能

・それぞれの要素の数値が離れすぎていたり、単位が異なる場合など第2軸に必ずチェックを入れる


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square