Photoshopのマスクの種類と使い方まとめ

マスクとは、画像を直接編集せずに、画像加工の際に不要な部分を隠す(マスキングする)機能です。マスクの機能を使うと、部分的な選択範囲の作成や、画像補正、画像の切り抜きを行うことができます。複数の写真を単一の画像に組み合わせたり、部分的な色調補正を行う場合にとても便利です。

またマスクを使用することで、元画像を削除することなく編集が可能になります。レイヤーの一部を非表示にする、下部レイヤーの一部だけ表示する、ということができます。

そこで今回はマスク機能について、紹介していきます。

レイヤーマスク

bandicam 2016-02-17 11-46-08-253

ペイントツールまたは選択ツールで編集するのが、レイヤーマスクです。ビットマップ画像のマスクですので、解像度に依存します。

レイヤーマスクの追加を行うと、全てのレイヤーの表示・非表示を選択出来ます。また、選択範囲または透明部にマスクの設定も可能です。レイヤーの一部分を隠して、下のレイヤーを表示することもできます。

レイヤーマスクの詳しい作成方法については、以下の記事を参考にしてください。

レイヤーマスクの特徴

bandicam 2016-02-17 11-53-31-294

レイヤーマスクを作成すると、選択範囲領域に分離して、色調補正やフィルター等の効果をかけることができます。また、色調補正、フィルターを段階的に適用する事もできるようになるので、複雑な画像編集を行うことが可能です。

レイヤーマスクはアルファチャンネルに保存されます。保存されたマスクは、グレースケール画像として保存されているため、色やフィルターなど、普通の画像と同様に編集が可能です。白くペイントされた領域は編集可能であり、黒くペイントされた領域は保護されます。

アルファチャンネルを新規作成、編集して、アルファチャンネルからマスクを作成することも可能です。

ベクトルマスク

bandicam 2016-02-17 11-49-06-207

ペンツールまたはシェイプツールで描画を行って作成するのが、ベクトルマスクです。イラストレーターのパスと同じようなパスを作成して、Photoshop上でマスクを作成できます。ベクトルマスクは解像度に依存しません。

クリッピングマスク

クリッピングマスクでは、レイヤーの上下の構造を使用して、マスクを作成します。手軽に好きな形のマスクを作ることが可能です。

クリッピングマスクの詳しい使い方については、以下の記事を参考にしてください。

クイックマスク

クイックマスクは、特定の範囲にだけ効果を適用させたい場合などに便利なマスクです。マスクの範囲を、ペイントツールを使用しながら自由に調整することができます。

クイックマスクの詳しい使い方については、以下の記事を参考にしてください。

まとめ

photoshopで使える、マスク機能について紹介してきました。マスク機能を使いこなすためにも、どんなマスク機能があって、どんなことができるのか一通り確認してみると良いでしょう。


イベント