WordPressブログの表示を高速化させる方法

最近、サイトが重いと感じたことはありませんか? 表示が遅くなりやすいのはWordPressブログの欠点の1つといえますが、待ち時間のストレスはなるべく減らしたいですよね。

では、具体的にはどのようにしたら解消されるのでしょうか。いくつか対処法をご紹介します。

キャッシュを利用する方法

WP Super Cache

WP Super Cache」というプラグインを利用する方法があります。日本語対応で操作も簡単なので、初めての方でも気軽に導入できます。

「WP Super Cache」はサイトを一部キャッシュすることで、読み込むデーターの量を軽減できるプラグインです。

画像サイズを見直す

画像サイズが大きかったり、画像が多いと表示が遅くなりがちです。そんな時には一括でサイズを軽くしてくれるプラグインを利用してみましょう。

EWWW Image Optimizer」は、画像を追加する際に自動的に画像サイズを軽くするプラグインです。また、過去に追加した画像もまとめて圧縮してくたり、メタデータと呼ばれる画像の中に組み込まれているデータを削除することができます。個人情報の観点からもうれしい機能です。

CDNサービスを利用する方法

表示速度の改善方法としてCDNサービスを利用することを考えてみるのもいいでしょう。

CDNサービス(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)は、キャッシュを複数のサーバーで分散させることによって、アクセスした時に画像などのコンテンツを一番近いサーバーが配信してくれるサービスのことです。

CDNサービスを利用することで、サーバーへの負荷が分散され、軽減されることで表示速度の改善をすることができます。

しかし、サーバー側で不具合などが起こった場合、アクセスしても何も映らないということもあります。その部分には十分注意してください。

まとめ

このようにWordPressブログの表示を高速化させることで、サイトを見てくれているユーザーにストレスを与えないサイトになることができます。

また、表示の高速化は検索順位を上げる対策としても有効です。ぜひ、試してみてください。


イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)