インスタグラムで検索履歴を消す方法

Instagramでは一度検索したものを二度検索する必要がないように自動的に保存してくれる便利な機能があります。

「あのモデルさんをフォローしたい!」
「ハッシュタグを使って他の人の画像が見たい!」

など、ついつい検索しすぎて検索履歴がいっぱいになってしまっている人も多いのではないでしょうか。また、友だちのアカウントをこっそり見ていたのをバレたくないというケースもあるかと思います。

基本的に他人から「検索履歴」は見られることはない

まず、Instagramの「検索履歴」は、誰がどのような検索をしたかを他人が知る機能はありません。また、「いいね」「コメント」がありますが、Instagramには画像やページを閲覧した履歴、いわゆる「足あと」機能も存在しません。

そのため、友だちにiPhoneなどを貸して直接見られるなどのケース以外では、「検索履歴」が知られてしまうということはありません。

とはいえ、自分が操作しているとき、何かの弾みに画面を見られたりすることもあるかもしれませんので、見られて恥ずかしいような検索結果は消したい方もいるかもしれません。

今回は全部まとめて消して履歴をスッキリしたい方に、Instagramで検索履歴を消す方法を紹介します。

検索履歴を全削除する方法

画面下部メニューの一番右にある人の形をしたアイコンをタップし自分のプロフィールページを表示します。

Screenshot_2016-02-17-18-08-35-1

そして画面上部の右にあるオプションをタップします。Androidの場合は10734334_1551339165109509_1573328703_n、iPhoneの場合は10734334_1524718334443781_535733705_nなのでご注意ください。

Screenshot_2016-02-17-18-17-16-1

オプションが表示されたら、一番下までスクロールします。すると「検索履歴をクリア」というメニューがあるので、これをタップします。

Screenshot_2016-02-17-18-17-19-1

よろしいですか?と表示されますので、「はい」をタップすると全削除完了です。

削除する時の注意点

一度削除すると検索履歴を復元することはできないので注意してください。そのため、全削除ではなく個別に削除したい場合は、次から紹介する方法で削除してください。

検索履歴を1つだけ削除する

まず、画面下部のメニューの左から2つ目の虫眼鏡のアイコンをタップして検索ページを表示します。

Screenshot_2016-02-17-18-08-35-1

虫眼鏡を押すと、あなたへのおすすめの写真がたくさん出てきます。検索をするには、画面上部の検索という文字をタップします。

すると、今まで自分が検索したものが表示されたり、アカウント名やハッシュタグを検索することができます。

Screenshot_2016-02-17-17-58-53-1

検索フォームのすぐ下には、検索履歴を種類別に見るタブが表示されます。一番左から「最近の検索」、「アカウントの検索」、「ハッシュタグの検索」、「場所の検索」となります。

Screenshot_2016-02-17-18-14-59-1

消したい検索履歴を長押しすると「非表示にする」とメニューがでてくるので、これをタップすることで個別に検索履歴を削除することができます。

Instagramで検索履歴を残さない方法

Instagramのアプリでは、検索履歴を無効にする機能はありません。そのため、アプリで検索する場合は検索するごとに検索履歴を削除する必要があります。

PCのWeb版で検索すれば検索履歴は残らない

ですが、PCのWeb版のInstagramを使えば検索履歴を残さずに検索することができます。

検索履歴を残さず検索する方法は簡単で、Web版のInstagramにログインをして検索をするだけです。この場合、アプリに検索履歴は残りません(2016年4月現在)。

また、ログインするのは面倒な場合は、外部のサービスを使えば検索履歴なしで検索することができます。

まとめ

検索履歴は他の人に見られたくないものもあるし、たくさん溜まっていると、いざ検索したい時に邪魔ですよね。

ぜひこの方法を使って、検索欄をスッキリしてみてはいかがでしょうか。


イベント