Evernoteアプリで名刺をスキャンする方法

今ではビジネスマンの必須ツールとなったEvernoteには様々な活用法があります。その中で、今回紹介するのが、簡単にスキャンができる「カメラ」機能です。特にビジネスマンの方で、名刺の管理に苦労している人は多いのではないかと思います。また、いざ必要になった時にアナログ管理していると、見つけ出すのが大変です。

よくあるカメラアプリで名刺を撮影しても必要ない部分まで写ってしまったり、文字が見えにくいなど、上手く撮れないこともしばしばあります。このような問題もEvernoteの「カメラ」機能が解決してくれます。名刺の枠を自動認識して、文字の見やすさや明るさも補正してくれるのです。さらに名刺の文字をテキストとして認識してくれるので、検索するときに便利です。

カメラ機能が利用できるのは、以下の端末です。

  • iPhone
  • iPad
  • iPod Touch
  • Android

名刺をスキャンする方法

まずEvernoteアプリを開いて、ホーム画面のクイックノートパネルにある写真アイコン(iPhone、iPad、 iPod touch の場合)、または「+ボタン」→「カメラ」(Android の場合)をタップします。

ここでドキュメントを選択し、枠の中に名刺がきっちり入るように上手く調整して、撮影ボタンを押します。

綺麗に撮影する重要なポイントは、以下の3点です。

  • 斜めからでなはく、名刺に対してなるべく真上、近くから撮影する
  • フラッシュはオンにしない。フラッシュオフの状態で、明るい場所で撮影をする
  • 背景と名刺の色がはっきりと区別できるようにする

カメラを使用する時の注意点は、使用する端末です。Apple製品を例に挙げると、iPhone、iPad、iPodでカメラの画質が違ってきます。複数の端末を持っているならば一番綺麗に撮れるものを選びましょう。また、あまりに古い機種を利用するのも避けたほうが良いでしょう。

名刺の撮影が終了したら、撮影した名刺データをプレビューで確認します。問題なければチェックマークを押しましょう。保存が完了すると新規ノートに名刺データが貼付されます。

まとめ

以上が、Evernoteで名刺をスキャンする方法です。時間も手間もほとんどかからず、簡単にできてしまいます。名刺管理の方法に困っている方は是非、Evernoteアプリのカメラを試してみると良いでしょう。また、プラス版・プレミアム版にすると名刺撮影に特化した名刺カメラを利用することができます。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square