iPhoneにウィルス対策などのセキュリティソフトは必要?

近年スマホの利用者が増えてきており、コンピュータウィルスのターゲットもスマホに移りつつあるようです。

そんな中、iPhoneもウィルス対策をした方がいいのではないかと思うことが多いと思います。今回はiPhoneにセキュリティソフトは必要かどうか考えてみましょう。

iPhoneのセキュリティ対策について

iPhoneはapple自身がセキュリティ対策のソフトウェアを提供していません。その理由はiPhone自身に悪意を持ったソフトウェアがインストールされにくい構造になっていることに上げられます。

AppStoreに並ぶアプリケーションはAppleの厳正な審査にさらされるため、問題のあるソフトウェアは公開されないようになっています。また、AppStore以外でアプリをインストールすることが出来ないため、普通に使っていれば悪意のあるソフトウェアをインストールすることはないと言えると思います。

怪しそうなアプリをインストールしない

それでもごくまれに審査を通ってしまうアプリもあるかもしれません。そういうときは必要なアプリのみインストールするようにして自分で自衛するしかありません。

最近、中国で開発されたアプリで通信内容を中国のサーバーに送る悪意のあるアプリがAppStoreに並んでしまったことがあります。幸いそういった情報はすぐネット上で公開されるため、情報収集を怠らないようにし問題のあるアプリをインストールしていたら即削除しましょう。

幸いなことにアプリケーションに問題があったとしても本体には影響しないため、すぐ削除を行えば被害は最小限度に押さえられます。

まとめ

まず普通に使っている分には、iPhoneは悪意のあるアプリが公開されないようになっているため対策はあまり考えなくてすみそうです。あとは自衛として怪しいアプリをインストールしないようにして対策をしていきましょう。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square