iPhoneのメモリを解放する方法

iPhoneを使用しているといつの間にか動作が遅くなっていることがあると思います。原因の一つとして、iPhone内部のメモリがアプリケーションなどによって圧迫され手いることが上げられます。

メモリはいわばiPhoneを動かすための作業スペースなので、その空きが少ないと作業するための領域が小さくなり上手く他のアプリが動かなくなることがあります。今回はiPhoneのメモリを解放する方法を書いていきます。

アプリの停止

アプリを起動していろいろ作業を行うと、バックグラウンドで起動しているアプリが大量に貯まってしまい、メモリを圧迫してしまうことがあります。そのときはホームボタンを二回押するとバックグラウンドで動いているアプリケーションの一覧が出ます。そのアプリケーションを上にスワイプすることにより停止させ、メモリを解放することが出来ます。

2016-02-14 22.16.28

この状態で上にスワイプするとアプリを停止できます。

メモリ解放手順

アプリを使用せずメモリを解放する手順があります。まずロックを解除します。電源ボタンを長押しして電源を切る画面を表示します。その後ホームボタンを画面が切り替わるまで長押しします。画面が切り替わったらメモリ解放完了です。

しばらく放置

メモリの解放はシステムが自動的に行ってくれることでもあります。なので長時間使用したあと、使用したメモリをシステムが綺麗にするのを待つというのも一つの手です。大体30分ぐらい放置すると動きが軽くなると思われます。

iPhoneの再起動

一番手軽なメモリ解放方法はiPhoneの再起動です。長く使っているとシステムが使用するメモリが増えていきます。それを解放するには一度iPhoneを再起動するのが確実です。

まとめ

アプリの停止やiPhoneの再起動などはこまめにやっておいたほうがサクサク感を維持するのに最適です。もし気になるようであれば寝る前などに一度はやっておいたほうがいいでしょう。