Evernoteのノートブックを活用する方法

Evernoteは使えば使うほどにノートが無数に溜まっていきます。Evernoteは沢山のノートを保存できるのが魅力の一つですが、ただ単純にノートを保存していくだけでは、後で検索するのに手間取ってしまうこともあります。そのため、定期的にノートを整理していくことも重要です。一般的な方法は「ノートブック」の活用です。そこで今回は、ノートブックを利用したEvernoteの整理方法をご紹介します。

ノートブックの活用方法

ノートブックで分類

まずノートブックというのは、パソコンでいうとフォルダの役割を果たします。

ノートブックを活用してEvernoteを整理するには、まずノートブックを何種類か作り、そこにあうようノートを分類していきます。例を挙げると、「商談」のノートブックを作成したら、そこには議事録や報告資料を保存していき、「プライベート」のノートブックには、家計簿や自分の趣味に関する記事などを保存していく、といった使い方ができます。

他にも業務の進捗状況に合わせて分類するという使い方もできます。例えば、まだ完了していない業務のノートブックを作成し、進行中のノートを保存します。そして、完了後に別の完了業務用のノートブックに移動させます。このようにノートブックの分類は自分の用途に合わせてアレンジして利用することができます。

ノートブックの検索

Evernoteでは、もちろんノート全体を検索して探し出すことができます。しかし、ノートの数は多くなってくると、どうしても探したいノートを探す余計な手間がかかることがあります。そこで、ノートブック検索を利用します。ノートブック単位で検索することによって、絞り込みができ効率的に必要なノートを見つけられます。

ノートブックの順番

ノートブックの活用に慣れてくると、ノート同様にノートブックの数も増えてきます。すると、頻繁に利用するノートブックとそうではないノートブックが出てきます。そうしたら、ノートブックの表示順番を入れ替えましょう。ノートブックのタイトルの始めに数字を入力します。ノートブックは数字が若い順番に表示されるので、非常に便利です。

まとめ

今回はノートブックを活用する方法をご紹介しました。Evernoteユーザーの多くが使っているノートブックですが、ご紹介した活用法を取り入れると、より便利になるでしょう。