パワーポイントスライドの向きやサイズを変更する方法

プレゼンテーションはさまざまな場所で行われますので、映し出す機器も異なります。スライドのサイズは使用するモニターの比率に合わせて、あらかじめ指定しておくと便利です。

今回は、見栄えのいいスライドショーを実行するために、スライドの向きやサイズを変更する方法をご紹介します。

スライドの向きを変更する

1. [デザイン]タブ[ページ設定]グループの[スライドの向き]をクリックして変更できます。(初期設定は横になっています)

ppt_26

また、上記グループの[ページ設定]をクリックして表示される[ページ設定]ダイアログボックスからも行うことができます。

ppt_27

※PowerPoint 2013の場合は、[デザイン]タブの[ユーザー設定]グループから[スライドのサイズ]をクリックして、[ユーザー設定のスライドのサイズ]から変更できます。

スライドの比率を変更する

スライドの縦横比の初期設定は、パワーポイントのバージョンによって異なります。2010では4:3、2013では16:9に設定されています。

1. [デザイン]タブの[ページ設定]グループから[ページ設定]をクリックして[ページ設定]ダイアログボックスを表示します。

2.[スライドのサイズ指定]から16:9や16:10(任意)を選択してOKボタンをクリックします。

ppt_28

※PowerPoint 2013の場合は、[デザイン]タブの[ユーザー設定]グループから[スライドのサイズ]をクリックして、[ユーザー設定のスライドのサイズ]からになります。

スライドの比率を変更したときの注意点

たとえば、PowerPoint 2010でスライドの比率4:3を16:9に変更した場合、下図のように、スライド全体がそのまま横方向(縦方向)に拡大されてしまいます。

ppt_29ppt_30伸びてしまった写真や図形などは、挿入しなおすか、自分でサイズを修正することで解消する必要があります。

写真の比率の修正方法

1. 写真上で右クリックし、[図の書式設定]ダイアログボックスを表示します。

2. [サイズ]の項目を選択して、[拡大/縮小]の「高さ」と「幅」の倍率が同じになるように数値を修正します。

ppt_31

※この修正方法は図(写真)の場合だけになりますので、図形の比率を修正したい場合は、見た目でのサイズ調整や数値指定が必要です。

※PowerPoint2013でスライドのサイズを変更する場合は、[最大化]と[サイズに合わせて調整]の二つから選択できますが、[最大化]はスライド全体が拡大されることで、一部が切れる場合があります。一方[サイズに合わせて調整]は、スライドに収まるように縮小されます。

まとめ

以上のように、スライドのサイズ変更は、変更後に写真などの修整が必要になったり、逆に自動で調整されてしまったりすることもありますので、スライドを作成する前に行っておいた方が便利といえます。

ただし、スライドを再利用する場合もありますので、比率を変更したときの注意点も合わせて覚えて見栄えのよいスライドショーを実行してください!

(使用ソフト:PowerPoint 2010)