YouTubeに投稿した動画をPCで限定公開にする方法

YouTubeの公開設定には「限定公開」というものがあります。

この設定は、動画のリンクを知っている人だけがその動画を再生できるというものです。

不特定多数には見られたくないけれど、身内のコミュニティなどで動画を共有したい時に便利な機能です。

今回はアップロードした動画を限定公開にする方法をご紹介します。

手順

1. 「動画の管理」にアクセス

まず、YouTubeの「動画の管理」にアクセスしましょう。

動画をアップロードしたい方はここから始めます。

アップロード時に「プライバシー設定」のセクションで設定をしましょう。

すでに動画をアップロードされている人も同じくここから設定をします。

2. プライバシー設定を変更する動画を探して「編集」をクリック

動画をアップロードする際には動画の設定を選択する必要があります。

その場合にはこちらをクリックします。そこで以下の3種類の設定のどれかを選ぶ事になります。

プルダウン方式になっていますのでわかりやすいかと思います。

ここで限定公開を選ぶことが出来ます。

3. 「変更を保存」をクリック

ここまでして終わりです。

最後にきちんと変更を保存しないと反映はされません。ご注意ください。

限定公開と非公開の違い

非公開は自分と、自分が選んだ相手にのみ動画が見られるようになる設定です。

仮にURLだけを指定の誰かに送っても相手は動画を見る事ができません。

限定公開はURLを知っている人が全員その動画を見られる設定です。

限定公開とはいえそういった面では公開しているようなものです。ただし動画を検索しようとしても検索にはヒットしません。

また、関連動画にも現れません。しかしURLを公開してしまうと誰にでも見られてしまうので、そこは注意が必要となります。

まとめ

YouTubeに動画をアップするにも色々なやり方がありますね。

あなたがもしも動画をアップしたいと思ったらご自身に合ったアップロードの種類を選択してください。

くれぐれも非公開と限定公開をお間違えのないよう注意しましょう。



イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square