Twitterのツイートを全消しする方法

Twitterで、自分が投稿したツイートを削除する方法は簡単ですよね。何個かであれば、それほどの時間もかからずに消すことが可能です。

しかし、Twitterを長年利用していると、過去のツイートが黒歴史とも呼べるような恥ずかしいものに感じたり、何らかの事情で全部消してからアカウントの利用を継続したいと思うこともあるでしょう。そんな時に、何十、何百というツイートを手動で1つ1つ削除するのは気の遠くなるような作業です。

現段階では、Twitterの公式ページや公式アプリでは、一括ですべてのツイートを削除する方法はありません。そんな時は外部のアプリを使うことで簡単にツイートを削除することができるので、ご紹介します。

黒歴史クリーナーを使う

まず、黒歴史クリーナという外部アプリを紹介します。説明の画像はiPhoneからになりますが、基本的に何でアクセスしても使い方は同じです。

a01

黒歴史クリーナーのページにアクセスすると、このようなシンプルな画面が出ます。

a02

「ツイッターでログイン」をタップして早速始めましょう。

このような画面が出るので、赤枠の部分に必要な情報を入力します。ツイートを削除したいTwitterアカウントの、ユーザー名またはメールアドレスとパスワードを入力して連携アプリを認証ボタンを押します。すでにログインしている場合は、連携アプリを認証ボタンを押すだけです。

a04

ここで1つ注意しておきたいことがあります。外部アプリを利用する際は、認証ボタンより下にある画像部分のチェックを必ずするようにしましょう。アプリができることと、できないことが書いてあるので、これを確認して大丈夫な場合は次へ進みます。

a05

連携アプリを認証ボタンを押したら、画像の様な画面に進むので、注意事項を確認しましょう。これも大丈夫でしたら、削除設定ページへを押して次に進みます。

a06

次は画像の様な画面になるので、アカウントの欄が本当にツイートを削除したいアカウントになっているかを確認します。消したいツイートの取得方法にはタイムラインから取得するものと、全ツイート履歴から取得するものがありますので、これも希望のものになっているかを確認します。2つの違いを見てみましょう。

タイムラインから取得したツイートを削除する

タイムラインを選択した場合、新着3200件のツイートを取得して削除することになります。

タイムラインを選択した場合の削除オプションです。リプライとお気に入り(ふぁぼ)されているものも消すか、残すかを選択できる他、削除したい期間の設定もできます。

全ツイート履歴から取得したツイートを削除する

タイムラインの横にある全ツイート履歴からをタップすると、画像の様な画面になります。こちらの方法だと、全てのツイートを一括で取得して削除してくれます。

ただ、スマートフォンからはこちらの方法で削除ができないので、3200件よりも多いツイートを削除したい場合は、PCからアクセスして行ってください。

a09

全ツイート履歴を選択した場合の削除オプションです。保護できるのはリプライのみですが、先程と同様に削除する期間を指定できます。

削除する時のメッセージの編集

ツイートが削除される際に、タイムラインに投稿するメッセージを設定できます。削除を始めた時と、完了した時のメッセージをそれぞれ設定できます。

a10

赤い四角の部分が編集できます。テンプレートで始めから入ってる文章をそのまま利用してもいいですし、何も投稿したくない場合は、空欄にします。これらのすべての設定が済んだら削除を開始するボタンを押しましょう。

削除を開始するを押したらあとは待つだけ!

a11

途中経過が表示されたり、下の「show more status」をタップすると詳細を確認したりもできます。最後は画像の様に完了と出るので、これでツイート削除完了です。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square