Twitterが乗っ取られたときの対処法

友達や知り合いが、本人がツイートしそうにない内容でツイートをしていたり、広告ばかりをツイートしていた。みなさんには、こんな経験はありませんか?  

逆に、自分のアカウントが何も操作していないのに、このようなアクションを起こしていたという経験をお持ちの方もいるかもしれません。これは、乗っ取りと呼ばれるもので、自分ではない誰かやシステムに、アカウントを勝手に操作されてしまっている状態です。

なぜTwitterアカウントの乗っ取りが起きてしまうのか、そして自分のアカウントが乗っ取られてしまった場合の対処法をご紹介します。

アカウントはなぜ乗っ取られるのか

Twitterアカウントの乗っ取りが起きてしまう原因として、大きく分けて以下の2つが考えられます。

Twitterに見せかけた偽のサイトに情報を入力してしまう

Twitterのダイレクトメッセージや、普段使っているメールアドレスなどに、何らかの理由をつけてTwitterへのログインを催促する内容とURLが届くものです。公式のTwitterのページにそっくりなログイン画面で、そのまま偽のページと知らずに自分のIDとパスワードを入力してしまうことで、他人にログイン情報を送信してしまうものです。

外部アプリケーションによる個人情報の悪用

Twitterにアクセスできるアプリケーションは今では無数に存在します。便利なものから、ちょっとした占いの様なものまで様々ですが、ログインに見せかけて個人情報を抜き取られてしまう可能性があります。

利用しようとしているアプリケーションは、本当に信頼できるものなのか確認することが必要です。

乗っ取られてしまった場合の対処法

気をつけていたけど、乗っ取られてしまった! そんな時は、即座に対処することで、被害の拡散を防ぎましょう。

パスワードを変更する

一番最初は、まずパスワードを変更しましょう。

アプリの連携を解除する

次に、Twitterと連携していて信頼できないアプリは全て連携を解除します。

ツイートで友達に知らせる

自分のツイートやDMなどのリンクから、友達のアカウントも乗っ取られてしまう可能性があります。自分のアカウントが乗っ取られてしまったことと、URLは絶対に開かないように注意してほしいとツイートすることで、フォロワーに乗っ取りの被害が拡散するのを防ぎましょう。

終わりに

情報やツールが溢れかえっている世の中で、信頼できるものを見極めるのは大変難しいことです。SNSの悪用は大変な被害を招くこともありますので、十分に注意して利用しましょう。