Pythonのbreak文とcontinue文の使い方

Pythonのbreak文とcontinue文の使い方について紹介します。

break文でループから抜け出す

break文はfor文やwhile文などのループ処理から抜け出すときに使用します。

以下の例ではiが3のときにforループから抜け出す例です。

for i in range(5):
    if i == 3:
        break
    print i    # 0 1 2 

同様に、以下の例ではiが3のときにwhileループから抜け出す例です。

i = 0
while i < 5:
    if i == 3:
        break
    print i    # 0 1 2 
    i += 1

break文はループ内でしか使用できません。

もしループ外で使用した場合は以下のようなエラーが出力されますので、注意してください。

SyntaxError: 'break' outside loop

continue文でループ内の処理をスキップする

continue文はfor文やwhile文などループ内の処理をスキップするときに使用します。

以下の例ではiが3のときに次のループ処理へとスキップする例です。

for i in range(5):
    if i == 3:
        continue
    print i    # 0 1 2 4

これを実行するとiが3のときにcontinue文のあとに記述してある「print i」の処理がスキップされるため3が出力されません。

同様にwhile文で使用した例です。

i = 0
while i < 5:
    if i == 3:
        i += 1
        continue
    print i    # 0 1 2 4
    i += 1

continue文もループ内でしか使用できませんので、注意してください。

以下はループ外でcontinue文を使用したときのエラー例です。

SyntaxError: 'continue' not properly in loop

イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square