パワーポイントでスライド番号を付ける方法

プレゼンテーション資料が完成したら、スライド番号(ページ番号)を付けておくと便利です。資料の確認をするときや発表の際にも、目的の箇所を指定しやすくなります。今回は、スライド番号の基本的な付け方から、知っていると便利な点までご紹介します。

スライド番号の付け方

1. まず画面を[標準表示]にします。

[表示]タブ[プレゼンテーションの表示]グループの[標準表示]ボタンをクリックします。(ボタンの色が変わっていれば押されています)

2. 左側の[アウトラインペイン]で[スライド]タブが表示されていることを確認し、プレゼンテーション内の最初のスライドのサムネイルをクリックします。

ppt_73_1

3. [挿入]タブの[テキスト]グループの[スライド番号]をクリックします。

ppt_66

4. 表示された[ヘッダーとフッター]ダイアログボックスの[スライド]タブをクリックします。[スライド番号]チェックボックスをオンにして、[すべてに適用]をクリックします。(現在編集中のスライドのみに付けるときは、[適用]をクリックします。)

ppt_65

※全スライドに番号を挿入するときは、スライドのカーソルの位置に関係なく挿入されます。

※[ノート表示]にページ番号を挿入することもできます。[ヘッダーとフッター]ダイアログボックスの[ノートと配布資料]タブをクリックします。[ページ番号]のチェックボックスをオンにし、[すべてに適用]をクリックします。

ppt_67

※タイトルスライドにスライド番号を表示させたくないとき

上記 の[ヘッダーとフッター]ダイアログボックスの[スライド]タブをクリックし、[タイトルスライドに表示しない]のチェックボックスをオンにします。

ppt_68

スライドの開始番号を変更する

タイトルスライドにスライド番号を表示させないときは、本文のスライド番号は「2」からはじまります。これを「1」からはじめるには、次の操作が必要です。

1. [デザイン]タブの[ページ設定]グループの[ページ設定]をクリックします。

ppt_69

2. 表示された[ページ設定]ダイアログボックスの[スライド開始番号]ボックスに、最初のスライド番号を入力し、[OK]ボタンをクリックします。スライドにその数字以降の番号が付きます。(0と入れれば1から表示されます。)

ppt_70

[スライド番号]の位置の変更

[スライド番号]の位置は、[スライドマスター]で変更することができます。

1. [表示]タブの[マスター表示]グループから[スライドマスター]をクリックします。

ppt_71

2. 左側一番上のマスターをクリックします。「<#>」が表示されているスライド番号領域を、枠ごと目的の位置までドラッグし、[マスター表示]を閉じます。

ppt_72

プレゼンテーション全体のスライド番号の位置が変更されます。

まとめ

スライド番号の付け方はいかがでしたでしょうか。基本的な付け方と便利な点を覚えておけば、困ったときにも対応できます。発表者と聞き手とのやり取りをスムーズにするために、ぜひ活用してみてください!

(使用ソフト:PowerPoint 2010)


イベント