パワーポイントにYoutubeを埋め込む方法

プレゼンテーションの際に、Youtubeの動画を再生して説明したいと思ったことはありませんか?

画面上でPowerPointとインターネットを切り替えながら行うこともできますが、それでは内容が途切れてしまいます。そのようなとき、Youtubeをスライドに埋め込むことができます。

今回はPowerPointのスライドに、Youtubeの動画を埋め込む方法をご紹介します。

Youtubeの操作

1. まず、Youtubeと埋め込み先のPowerPointのスライド両方を開いておきます。

2. Youtubeの目的の動画にアクセスし、[共有]ボタンをクリックします。

ppt_80_4

3. [埋め込みコード]をクリックします。

ppt_81_3

4. 選択されたコードの下にある[もっと見る]ボタンをクリックします。

ppt_81_5

5. [動画のサイズ]やオプションを選択し、[埋め込みコード]をすべてコピーします。([Ctrl+C])

ppt_83_5

PowerPointの操作

画面をPowerPointに切り替えます。

1. Youtubeを埋め込みたいスライドを表示させ、[挿入]タブ[メディア]グループの[ビデオ]の▼ボタンをクリックし、[Webサイトからビデオ]を選択します。

ppt_842. [Webサイトからビデオを挿入]ダイアログボックスのテキストボックスに、先ほどのコードを貼り付け([Ctrl+V])、[挿入]ボタンをクリックします。

ppt_85_2

3. Youtubeの動画が埋め込まれます。

ppt_8_16

3. スライド上でダブルクリック、またはスライドショーで正常に埋め込まれていることを確認します。 

まとめ

Web上のYoutubeにアップされた動画をPowerPointに埋め込めば、より見やすくインパクトのあるプレゼンテーションが実行できます。ぜひご活用ください!

(使用ソフト:PowerPoint 2010)