TwitterでBotを作る方法

twitterを利用していると、「bot」という名前がついたアカウントや、「定期」と書いてあるツイートを見たことがあるかと思います。

これは、本人が手動で文章を書いてツイートボタンを押し、ツイートしているのではなく、bot機能というものを利用することで、事前に登録したツイートを自動で投稿、ツイートすることができるものの場合が多いです。

個人のTwitterではあまり必要がないかもしれませんが、お店や企業や何かのイベントのアカウント等を作る際には、使いこなすととても便利なので、使い方を知っておいて損はないでしょう。そんなbotの作り方を説明します。

外部アプリケーションを利用する

公式Twitterには自動ツイート機能はないので、外部のアプリを利用します。「Twitter bot」で検索すると色々出てくるので、気に入ったものを利用しましょう。今回は自分が使って使いやすかった「twittbot」というアプリケーションでの作り方を紹介します。

twittbotにアクセスしてログインする

tw1

早速「twittbot」にアクセスします。すると左の様な画面が表示されるので、赤い四角で囲んだログインボタンをクリックします。

tw2次に、この様な画像認証の画面が出るので、表示された数字を選択します。

再びログインボタンが出るので、もう一度クリックしてください。

te4

よく見る外部アプリケーションの利用許可画面になりますので、bot機能を利用したいアカウントのユーザー名とパスワードを入れてログインしてください。新しいアカウントでbot機能を利用したい場合は、Twitterの公式ページで事前に作成しておきましょう。

tw5

ログインと認証が完了すると、この様な画面になります。これで、Twitterのbot機能が利用できる様になりました。

ツイートを登録しよう

tw6

メニューの中からつぶやきを選択します。これが、自動で投稿したいツイートを登録する画面になります。

tw7

次は、この様な画面になりますので、自動で投稿してほしい文章を入力します。

tw8

今回は、「botテストです」と入力してみました。入力が完了したら、つぶやき追加ボタンを押してください。

tw9

つぶやき追加ボタンを押すと、テキストボックスの下に、追加された文章が表示されます。変更や削除もここから行ってください。これでツイートの登録は完了です。

自動でツイートされる間隔の設定

自動で投稿されるツイートの登録は完了しましたが、これではいつどんなタイミングで投稿されるのかわからないですよね。ツイートが完了した後は、自動投稿の設定も確認しておきましょう。

tw10

今度は、メニューから詳細設定を選択します。

tw11

この様に色々な設定項目が出てきますが、4つ目のつぶやき間隔を見てください。これが、登録したツイートが投稿される時間の間隔の設定になります。初期では30分間隔になっているので、好きな時間に設定してください。以上で、自動でツイートを投稿する設定が完了しました。

tw12




テスト用のアカウントで確認すると、画像の様にしっかりと自動で投稿されました。他にも便利な機能が色々あるので、ぜひ試してみてください。