YouTubeアプリへ動画を投稿する方法

YouTubeは見ているだけで楽しいですが、動画を投稿してみたくもなりますよね。そこで、スマホからYouTubeへ動画を投稿する方法を紹介します。

方法はiPhoneのカメラで撮影して保存した動画ファイルをアップロードする方法と、YouTube公式アプリから撮影してアップロードする方法の2つがあります。

すでに保存している動画ファイルをアップロードする

まずiPhoneトップ画面の「写真」を開きます。

IMG_1146

続いて下の「アルバム」を押し、「ビデオ」から投稿したい動画を選びます。

IMG_1147

動画を選んだら、下に現れるメニューの左側にある項目を選択します。

IMG_1179

そうするとYouTubeのマークが現れるのでクリックします。

IMG_1149

Googleログイン画面が表示されるので、IDとパスワードを入力します。

IMG_1150

そうすると「iOSが次の許可をリクエストしています」と出るので「許可」を押します。

IMG_1151

公開する動画の設定画面に移動します。名前や説明などを入力してください。今回は「練習」と入力しました。そのほか動画の解像度の設定やタグを入力します。

画面ではタグを入力していませんが、たくさんに人に見てもらうにはタグは入力した方がいいです。タグとは、投稿した動画に関連したキーワードです。

IMG_1152

さらに下のほうにスクロールすると、カテゴリーや動画の公開設定を見直して「公開」を押すことで投稿完了となります。

IMG_1153


YouTube公式アプリから撮影し、投稿する

YouTube公式アプリのトップ画面からアカウント押すと下のような画面になります。そしてカメラのマークを押します。

IMG_1154

そうするとiPhoneのビデオ画面が立ち上がり、中央のカメラマークを押すと録画が始まります。

IMG_1160

録画が終わったら、次の画面で編集設定に行きます。ここで編集を行った後、投稿するために右上にある「次へ」を押します。

IMG_1161

そうするとタイトルや説明記載画面が出てきますので、記載後右上のアップロードを押すと投稿完了です。

IMG_1166

まとめ

今回は投稿する2通りの方法を紹介しました。普段はiPhoneで動画をため撮りしておき、時間ができたときにアップロードする方法がおススメです。なお投稿Wi-Fi環境が必要な場合がありますのでご注意ください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square