YouTubeの公式アプリで動画編集をする方法

YouTubeに動画をアップロードする時、多かれ少なかれ編集をする必要が出てきますよね。しかし動画編集用アプリは無料、有料を含めたくさんあって、何を選べば良いか迷ってしまう方も多いかと思います。

YouTubeの公式アプリでも動画の長さをかえる「カット」、動画全体に色彩を与える「フィルタ」、そして音楽の挿入ができます。動画をアップロードする前に、ぜひ試してみてください。

公式アプリで動画編集

まずは公式アプリのトップ画面から「アカウント」を選択し、次に右側にあるカメラマークを押してください。

IMG_1154

つぎに編集したい動画を選んでください。

IMG_1160

そうすると編集画面に移動します。メニューは下に表示され、動画の長さを変える「カット」、動画に色彩を与える「フィルタ」、BGMを挿入する「音楽」、の3つを編集できます。

まずは「カット」から説明しましょう。動画を選択するとまず「カット」の画面が表示されます。

IMG_1161

下側に青い枠で囲まれている部分があって、そこを手で内側にスライドすると動画が短くなります。これで動画の前後を設定することができます。

IMG_1162

次に動画全体に色彩を与える「フィルタ」を変えてみましょう。中央の円が2つ重なっているメニューを選びます。そうすると下側にいろいろなフィルタが表示され、そこを押すと動画全体に色がつきます。フィルタはたくさんありますのでいろいろ試してみましょう。

IMG_1163

最後に1番右の音符マークを押してください。そうすると「音楽を追加する」が出てきますので右横の+マークを選びます。

IMG_1164

そうすると上側に「おすすめ」「ジャンルとムード」「端末」が選べます。「おすすめ」「ジャンルとムード」はYouTubeから供与される音楽になり、たくさんの選択肢から選ぶことができます。

また「端末」を選ぶと、あなたのiPhoneに入っている音楽を動画のBGMにすることも可能です。

IMG_1165

まとめ

今回ご紹介したように「カット」「フィルタ」音楽の挿入はYouTubeの公式アプリのアカウント画面から簡単にできます。

1点注意していただきたいのは、「端末」から選んだ音楽に関してです。音楽は著作権が絡みますので、トラブルにならないようにできるだけ著作権フリーの音楽をお選びになることをおすすめします。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square

購読

平日・毎朝更新中