Twitterでメールアドレスやパスワードを変更する方法

Twitterを長く利用していると、登録したメールアドレスが利用できない状態になることもあると思います。利用できないメールアドレスをTwitterに登録したままにしてあると、パスワードを忘れた時や、その他メールアドレスでの本人確認が必要になった場合に大変困ることになります。ですから、メールアドレスを変更した場合は、すぐにTwitterの登録情報も変更した方が良いでしょう。

また、パスワードは、長期間同じパスワードを使用することは大変危険で、定期的に変更する必要があります。以上のことを踏まえて、メールアドレスやパスワードの変更の仕方を確認しておきましょう。

メールアドレスやパスワードの変更のしかた

tw14

アプリ等からは変更できないはずなので、ブラウザから公式のtwitterにアクセスしてください。アクセスしたら、右上のアイコンをクリックします。

tw15

この様にメニューが表示されるので、設定を選択してください。ここから先は少し違うので、1つずつ説明します。

メールアドレスの変更のしかた

tw29

設定を押すとユーザー情報の編集画面になっているので、そのまま赤枠のメールアドレスの箇所を見てください。ここには、今設定されているアドレスが表示されているので、変更したい場合は、変更したい新しいメールアドレスに書き換えます。

入力が完了したら、ページ下部にある、変更を保存を押してください。入力したメールアドレスに、確認メールが送られてくるので、メール内のURLをクリックして、変更を完了してください。

パスワードの変更のしかた

tw30

次に、パスワードの変更の仕方です。設定を選択すると、画像の画面になるので、左のメニューからパスワードを選択します。

tw31

パスワードを編集する画面になったので、現在のパスワードと新しいパスワードを2回入力します。あとは変更を保存を押せば完了です。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square