Twitterで誕生日を設定する方法

Twitter側から要求されるプロフィールはそこまで多くありませんが、誕生日を設定する項目は用意されています。

誕生日を設定しておくと、より適切な広告表示などがされるようになります。広告を見たいという方は稀かもしれませんが、自分と全く関係ない広告を表示されるよりはいいかもしれません。

Twitterのサービスもさることながら、フォロワーの方から祝っていただけることもあると思いますので、問題なければ登録しておいて損はないでしょう。登録の仕方は簡単です。

Twitterで自分の誕生日を設定する

iPhoneから設定する

tw19

この設定は、iPhoneの公式アプリからもすることができます。

アプリを起動して、自分のアカウントのページを開いてください。下記のような画面になっていると思うので、プロフィール変更をタップしてください。

tw32

プロフィール変更の画面になります。赤枠の誕生日をタップしてください。

このような誕生日設定の画面が出るので、自分の誕生日を選択してください。また、ページの下部にある「見ることができる人」の項目から、月日と年それぞれの公開設定ができます。年は公開したくないけど、月日は公開したい! という場合もあると思うので便利ですね。

公開範囲も、「公開・フォロワー・フォローしている人・相互フォロー・自分のみ」の5つから選択することができます。入力が完了したら、右上の完了をタップして誕生日の設定は完了です。

Webブラウザから誕生日を設定する

流れは同じですが、表示が少し違いますので説明しておきます。

tw21

まず、アクセスしたら、ホーム画面から赤枠のいずれかを選択して、自分のアカウントページに飛んでください。赤矢印のアイコンをクリックした場合は、メニューが出るので、プロフィールを表示を選択します。

tw22

自分のプロフィールページがこの様に表示されます。ヘッダー右下にある、プロフィールを編集をクリックしてください。

tw33

プロフィール編集画面になるので、誕生日の項目から誕生日を入力してください。

スクリーンショット 2016-02-25 7.20.08月日、と年の後ろにあるアイコンをクリックすると、それぞれの公開設定を変更できます。入力が終わったらヘッダーの右下変更を保存をクリックして、誕生日の設定は完了です。

誕生日を消したい場合

一度設定した誕生日を消したい(非表示にしたい)場合は、プロフィール編集画面で再度プルダウンを表示し、「月」「日」「年」を選択すればOKです。

twitter_birthday_erase

自分の誕生日に風船が舞う

自分の誕生日の日にTwitterのホーム画面に行くと、画面いっぱいに風船が舞います。

これはTwitterの誕生日を祝う演出で、誕生日が設定してあるユーザーのアカウントは、誕生日当日にお祝いの風船が飛ぶという機能が付いています。

twitter_balloons

誕生日の表示に近くには「お誕生日おめでとうございます」というテキストリンクが表示されており、クリックすることで再度風船を飛ばすことができます。

アプリ版では風船が割れる

更に、アプリ版のホーム画面でも同じ演出がありますが、こちらは待っていると後半の風船が上部にたまるようになっています。

こちらをタップすると割れる隠れ演出があります。誕生日の日はためしてみると楽しいかもしれませんね!

twitter_balloons_iphone



イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square