Skypeで通話できない時の原因と対処法まとめ

Skypeの機能の1つに通話機能があります。ですが、何らかの理由で通話ができなかったり、できてもすぐに通話が切れてしまうことがあります。そんな場合の、原因と対処法をまとめました。

通信環境が原因の場合

通信環境と設定がうまく合ってない場合にも、通話に不具合が出ることがあります。以下の項目に当てはまらないか確認してみてください。

利用している通信の回線速度が遅い

通話の種類によって、通信に必要な回線速度が異なります。

通常の音声通話でしたら、推奨される下り/上りの回線速度は100kbps / 100kbpsになります。また、最低の必要な回線速度は上り/下り30kbps/30kbpsとされているので、これを満たしていない場合は、接続速度が原因かもしれません。

ネットワーク管理者が通信を許可していない

自宅ではなく、仕事先などのパソコンでSkypeを利用している場合、回線等のセキュリティの設定でSkypeでの通話が許可されいない場合があります。その場合はネットワーク管理者に、設定を確認してみてください。

他のアプリケーションが原因の場合

Skype以外に通信を利用している、別のアプリケーションが原因の場合があります。他に立ち上げている、通信を利用している可能性のあるアプリを一度全て終了してみることで改善が見られるかもしれません。

Skypeに原因がある場合

Skypeのバージョンが古い為に、通話に影響が出ている可能性もあります。自分のSkypeのバージョンが最新かどうか確認してみましょう。最新でなかった場合は、アップデートを行ってください。

以上のことを試しても、症状が改善されない場合は、Skypeを一度アンインストールして、インストールし直してみてください。Skypeの再インストールで症状が改善される可能性があります。