エクセルで期間を計算するDATEDIF関数の使い方

指定した日から指定した日までの日数を知りたいときはどうすれば・・・そんな時はDATEDIF関数を使いましょう。DATEDIF関数は、ダイアログボックスでは表示されない関数ですがちゃんと使える関数です。

DATEDIF関数の引数について

43_1

①開始日

開始日のシリアル値を入れます。

②終了日

終了日のシリアル値を入れます。

③単位

表示の単位を入力します。日数なら”D”、月数なら”M”、年数なら”Y”と入力します。”YD”と入力すると1年未満の日数が表示されます。” ”(ダブルクォーテーション)で囲むのを忘れないでください。

DATEDIF関数の使い方

43_2

上の図の表の期間を日数形式で表示してみましょう。

1. C2セルに“=DATEDIF(”と入力します

2. 開始日であるA2セルをクリックして「,(コンマ)」を入力します

3. 終了日であるB2セルをクリックして「,(コンマ)」を入力します

4. 日数表示なので”D”を入力してEnterキーを押します

43_3

このような結果になります。

 今回で重要なこと

・指定した日の期間を求める関数がDATEDIF関数

・単位を入力する際は” ”(ダブルクォーテーション)で囲むのを忘れずに