Facebookのアプリで写真に付けられたタグを削除する方法

Facebookを見ていたら、「自分が写っている写真」の欄にカジュアルなパーティーで撮った自分の写真がタグ付けされていた! なんて経験はありませんか。

Facebookの「写真」の欄はつながっている人ほとんどが目にする場所です。そんなところに自分がアップするつもりのなかったプライベートの写真がタグ付けされて保存されている状態は、できれば避けたいですよね。

タグ付けをした友達が近くにいれば理由を話してタグを外してほしいと頼めますが、多くの場合すぐには対応できない場合が多いのではないでしょうか。今回は知らないうちにFacebookでタグ付けされた写真のタグを削除する方法をご紹介します。

友達にタグ付けされた写真からタグを削除する方法

1. Facebookアプリを開きます。右下の三本線「その他」をタップします。

IMG_0811

2. 真ん中の少し下にある「設定」をタップします。

IMG_0848

3. 「アカウント設定」「ニュースフィードの設定」「アクティビティログ」と表示が出ますので、「アクティビティログ」を選びます。

IMG_0872

4. タグ付けされた日を探します。

5. タグ付けされた日を探したら、「タグ付けしました」という投稿の右上の「く」の字のような記号をタップしましょう。

IMG_0855

6. 「タイムラインに表示しない」「報告」という表示が出ますので「タイムラインに表示しない」を選びます。

IMG_0856

これで、タイムラインに表示されなくなりました。

ただ、これはあなたのタイムラインに表示されないだけであって投稿者(友達)のタイムラインから削除できたわけではありませんのでそれだけは理解しておきましょう。

誤ってタグ付けを外してしまった場合は、薄い灰色の「タイムラインで非表示」という文言をタップすると「タイムラインで表示する」というボタンが表示されますので再度タップすれば元どおりになります。

IMG_0858

ちなみに「報告」をする場合はどのような場合かというと、不適切な画像にタグ付けをされたなどの場合です。

IMG_0857

「報告」をタップすると「問題の内容についてお聞かせください」という欄が表示されます。ここで理由を選択し、報告するとFacebookのほうでなんらかの処置をとってくれるようです。

友達に付けられたタグは削除可能

自分の知らないうちにタグ付けされていると少し嫌な気持ちになりますよね。友達にタグを外してとも言いづらいケースもあると思います。

そんなときにもアクティビティログからタグを外せば自分で投稿したものではない写真がFacebookでつながっている人たちに見られ続けることもありません。