GmailメールをGmail以外の場所に保存する方法

Gmailは、あらゆる端末から使えて他のGoogleサービスとの連携も簡単で多くの人が利用しているのではないでしょうか。もしも、Gmailからメールが消えてしまったら困りますよね。しかし、Gmail自体が無料のサービスなので、データ消失事故があったときは保障はしてもらえません。

そんな不測の事態にそなえて、データのバックアップをとっておきましょう。

アーカイブを作成する

Gmailでは以前からさまざまな方法でバックアップを取れるようになっています。

現在はGmailが公式で紹介しているアーカイブ作成サービスがあり、メールデータをまとめてダウンロードし、ローカルに保存することができます。なかなか便利な機能なので、ぜひ活用しましょう。

1. 右上のGoogleアカウントアイコンをクリックする。

2. アカウント情報をクリックする。

「アカウント情報」画面が表示されます。

3. 「個人情報とプライバシー設定」から「コンテンツの管理」をクリックする。

4. 「コンテンツのコピーまたは移動」「自分のデータをダウンロード」の下にある「アーカイブの作成」をクリックする。

backup01

5. 「追加するデータの選択」Gmailを選択して「次へ」をクリックする。

backup02

6.ファイル形式と配信方法をプルダウンメニューから選択、「アーカイブを作成」をクリックする。
※今回はファイル形式はZIP形式、配信方法「ダウンロードリンクをメールで送信」を選択します。

「まもなく完了…」の表示され、アーカイブが完了したらメールが送信されます。

メールの保存形式はmbox

ダウンロードされたメールはmbox形式で保存します。このメール形式は、Outlook、Thunderbird、Apple Mailなどの、良く使われるメールソフトでサポートしているものです。

実際にメールデータをメールソフトに読み込ませる手順について、それぞれのソフトのヘルプやマニュアルにしたがって作業していきます。

Gmailのバックアップは意外と簡単にできます。また、今回紹介したアーカイブ設定では、Gmail以外にもGoogleフォトやGoogleドライブのアーカイブも可能です。機会があればGmailと一緒にお試しください。