Gmailのフィルタをインポート/エクスポートする方法

Gmailのフィルタ機能はとても便利ですね。便利ですが、気軽に設定できるため、ラベルをたくさん設定しすぎて整理がつかなくなることがあります。

また、新しくGmailを作成してメールの引越しをするとき、フィルタの設定も引継ぎたいですよね。そんなときには、フィルタのインポート機能とエクスポート機能の活用をおすすめします。

この機能、以前はGoogle Labsに登録されていたものですが、いまはデフォルトで利用することができます。

エクスポートの手順

1. Gmailにログインする。

2. 右上の歯車マーク>「設定」をクリックする。

3. 「フィルタとブロック中のアドレス」をクリックする。

4.  リストの一番左下に「選択:すべて、選択解除」の表示がある。今回は「すべて」をクリックする。

filterexport01

5.  「エクスポート」ボタンを押して、ファイルを任意の場所に保存する。

エクスポートされたファイルはxml形式で保存されます。

xmlの知識があれば、このファイルをテキストエディタやxmlエディタで編集して、ラベルやフィルタの仕分けルールの編集ができます。(念のため、保存済みファイルをバックアップしてから編集しましょう)

保存したフィルタをの設定を他のGmailアカウントにインポートする手順は次のとおりです。

インポートの手順

1 .Gmailにログインする。

2. 右上の歯車マーク>「設定」をクリックする。

3. 「フィルタとブロック中のアドレス」をクリックする。

4.  リストの一番下にある「フィルタをインポート」をクリックする。

filterexport02
5.  下に「フィルタをインポート」の表示が出るので、フィルタが含まれているファイルを選択して開く。

6. フィルタの一覧が表示されるのでインポートしたいフィルタを選択し、[作成] ボタンをクリックして「フィルタを作成」ボタンを押す。必要ならば、「既存のメールに新しいフィルタを適用する。」にチェックを入れる。

まだ知られていない機能ですが、一度にメール整理をするときは楽に作業できるので、ぜひ使ってみてください。