Gmailの送信を取り消しする方法

書きかけのメール、返信しようかどうか迷っているメールをついうっかり送信してしまった。そのような経験がある人は多いのではないでしょうか?

Gmailには送信取り消し機能があります。あまり知られていませんが、ぜひ設定しておきましょう。

送信取消しは以前Google Labsに登録されていました。一部のユーザーにしか知られていないものでしたが、最近、正式な機能として組み込まれました。

メール送信取り消しの設定

1. Gmailにログインする。

2. 右上の歯車マーク>「設定」をクリックする。

3.「全般」設定が表示され、設定項目のなかに「送信取り消し」があるので「送信取り消し機能を有効にする」にチェックをいれる。

cancel01

4. 取り消せる時間を設定する。

5、10、20、30秒のなかから選択できます。

5. 項目の一番下までスクロールして「変更を保存」ボタンをクリックする。

実際に送信取り消しを試す

1. 新規メールを作成して「送信」ボタンを押す。

2. 「メッセージを送信」のとなりに「取消」表示があるのでクリックする。

cancel03
メール送信が取消しされて、再びメール作成画面が表示されます。設定した、取り消せる時間を経過すると「取消」表示が消えて「メッセージを送信しました。」の表示に変わり、メールが送信されます。

スマホの場合

メール送信取消し機能、残念ながらデスクトップPC版のみで使えるものです。AndroidやiPhone/iPad(iOS)のGmailアプリにはありません。

スマホやタブレットでこの機能を使いたいときはメールアプリ「Inbox」で設定ができます。このアプリは送信取消し機能をすでにもっていて、デスクトップ版で取り消し機能を無効にしていても使うことができます。

メールを送信した後に「送信しました」の表示と一緒に「元に戻す」の表示が出ているので、これをタップすれば、送信を取り消しできます。「元に戻す」には時間の設定項目はありません。


イベント