Gmailに絵文字を追加する方法

Gmail を使っていて、親しい友人や家族の携帯アドレスあてにメールを返信しようとして、携帯メールのように絵文字をつけられたらいいなと思ったことはありませんか?

実は、Gmailには絵文字を追加することができるのです。

今回はその手順についてご紹介します。

デスクトップ版の場合

以前、Gmailの「Labs」のなかに「追加の絵文字」という機能があり、手動で設定するようになっていましたが、現在、この機能は標準装備になっています。

当初は種類が少なかった絵文字も、今ではスマホなどモバイル端末に負けないほど種類が豊富になりました。

絵文字のつけかたは簡単です。

emoji01
メール本文を入力しているとき、作成画面の下に顔のかたちをしたアイコンがあるのでそれをクリックします。

見た目はGoogleハングアウトやメッセンジャーで使われている絵文字とほぼ同じです。

いろいろな表情、からだ、気持ちを表すもの、食べ物、動物・植物、天気、自然、日用品、交通、記号など、携帯メールで使われるものについてはほぼカバーされています。

ちなみにデスクトップ版Gmailで作成した絵文字を携帯電話に送ると、ほとんどの絵文字が携帯メールで使っている絵文字に変換されます。

スマホアプリの場合

スマホアプリ版Gmailの場合、メール本文入力画面に絵文字挿入アイコンはありませんが、ソフトキーボード(日本語入力機能のアプリ)のなかに絵文字入力機能があるのでそれを使います。

どの端末からでも使用OK

Gmailでは、ガラケー、スマホ、タブレット、デスクトップPC、ほとんどの絵文字はGmailのなかで相互に使えるようになっています。

携帯からきた絵文字・デコメ絵文字付きメールはGmailで読めますし、Gmailでつけた絵文字も表示可能です。

ひところは若い女性がメインでつかっていた絵文字。

少ない文字で多くの情報を伝えることができることから、いまや性別や世代、さらに国境をこえて使われるようになりました。

絵文字は親しい人とすばやく連絡をとるにはとても便利なツールです。ぜひ活用してみてください!