パワーポイントで使えるショートカットキーまとめ

エクセルやワード、パワーポイントを効率的に使うには、ショートカットキーを活用して作業を減らすことが重要です。

ここではエクセルやワードなどと共通のショートカットキーから、パワーポイント独自のショートカットまで、よりパワーポイントでの資料作成やプレゼンを便利にするTipsをご紹介していきます。

マイクロソフトオフィス共通のショートカットキー

エクセルやワードにも共通なので、知っている方も多いと思いますが、以下の10個のショートカットキーは基本中の基本なので必ず押さえておきましょう!(Macの場合はCtrlキーではなくCommandキーを使います。)

1. Ctrl+C:コピー

2. Ctrl+D:コピー&貼り付け(複製)

3. Ctrl+V:貼り付け

4. Ctrl+X:切り取り

5. Ctrl+B:フォントの太字化

6. Ctrl+U:フォントの下線化

7. Ctrl+T:フォントダイアログの表示

8. Ctrl+Y:直前の作業の繰り返し

9. Ctrl+X:直前の作業を元に戻す

10. F7:スペルチェックと文書校正の実行

パワーポイント独自のショートカットキー

以下のショートカットキーはパワーポイントの独自のショートカットとして、特にプレゼンの際に良く利用されるものです。

先ほどの基本のショートカットと比べると、作業の効率性に直結するものではありませんが、覚えておくととてもスマートに対応が可能です。

・F5:スライドショーの開始

・Shift+F5:現在のスライドからスライドショーを開始

・Ctrl+Shift+Tab:スライドとアウトラインの表示切替

・Enter:次のスライドに進む

・Backspace:前のスライドに戻る

・[数字]+Enter:数字の数だけ一気にジャンプ

・Ctrl+P:ペンツールを出してスライドに書き込む

・Ctrl+E:消しゴムを出してスライドの書き込みを消す

・E:表示中のスライドの書き込みを全部消す




イベント

2017/10/06(金)
UX School(全10回)