iPhoneで録音! ボイスメモの使い方

「議事録を作成する時や、仕事上の口頭でのやりとりについて記録しておく必要がある時に、ボイスレコーダーが無い、あるいはわざわざボイスレコーダーを買うのはちょっと…。」ということはありませんか?

iPhoneでは標準の機能として、簡単に録音しておくボイスメモ機能があります。

ボイスメモによる録音方法

1. 「ボイスメモ」をタップします。

IMG_0141

2. 画面中央にある赤い丸をタップします。

IMG_0142

3. 録音中は、録音時間がカウントされます。

録音を止めたい場合は、画面中央の赤い四角をタップします。なお、録音中にホーム画面に移動したり、他のアプリを起動することができます。録音はバックグラウンドで実行され続けます。

ボイスメモに戻りたいときは、画面上部の赤い部分をタップします。

2

4. 録音が終了したら、「完了」をタップします。

IMG_0144

5. 後で再生する時に何を録音したかが分かるように、タイトルを入力します。

IMG_0146

6. 画面下部に、録音したデータのタイトルと録音した日、録音時間が表示されます。

IMG_0147

録音した内容の削除方法

不要となった録音データを削除する方法は、以下のとおりです。

1. 左上の「編集」をタップします。

IMG_0148

2. 削除したい行の左側にある赤丸をタップします。

IMG_0149

3. 行の右側にある「削除」をタップします。

IMG_0150

録音した内容の編集方法

録音したデータのうち、不要な一部分だけを削除することもできます。

1. 編集したいデータをタップし、「編集」をタップします。

IMG_0153

2. 画面右下にある青い四角をタップします。

IMG_0154

3. ある部分を削除したい時は、左と右の赤い線をドラッグして、「削除」を押すと、赤い線の間の部分が削除されます。

ある部分をトリミングしたい時は、左と右の赤い線をドラッグして、「トリミング」を押すと、赤い線の間の部分が取り出されます。赤いボタンを押すと、赤い線の間の部分が新たな録音で上書きされます。

確認のために再生したい場合は、三角のボタンをタップします。青い線が再生されている部分です。

IMG_0157

パソコンへのバックアップ方法

録音されたデータは、1分の録音で、約2MBの大きさになり、そのままにしておくと、容量オーバーで記録できなくなったり、万が一iPhoneが壊れたりしてしまうと復元できなくなるなど、困ることが起こります。

録音されたデータは、簡単にパソコンに保存しておくことができます。最も一般的な方法は、パソコンとiPhoneを接続し、iTunesを使ってパソコンにファイルを送る方法です。

1. パソコンとiPhoneをLightningケーブルやWi-Fiで接続し、パソコン上のiTunesを起動します。左上にある「iPhone」のアイコンをクリックした後、左側にあるメニューの「ミュージック」をクリックします。「ボイスメモを含める」にチェックし、右下の「同期」ボタンをクリックします。

itunes1

2. 録音したデータは、メニューの「ボイスメモ」で表示されます。

itunes2

その他に、普通のファイルと同じく、メールで録音したデータを転送したり、バソコンがMacの場合は、AirDropで保存することも可能です。

まとめ

音を拾う広さや機能の多さなどは、本家のICレコーダーにはかなわないですが、毎日持ち歩くiPhoneで手軽に録音できる便利さは捨てがたいものがあります。

普段の仕事や生活の中でぜひ、ボイスメモを活用してみてください。