CDジャケットから学ぶデザインの秘訣

Oleg Mokhov

Oleg Mokhovは電子音楽とデザインの熱狂者です。彼はFour TetとBoards of Canadaのクロスオーバーのような電子音楽を作っています。

この記事はThe UX Boothからの翻訳転載です。配信元または著者の許可を得て配信しています。

Design Lessons from Well Designed Album Covers (2010-10-05)

デザインに新鮮な刺激が欲しいですか? それなら良くデザインされたCDアルバムのジャケットに学ぶことです。それらを通じて、デザインを改善するために非常に重要な3つのポイントを学ぶことができます。この記事の中で、5つの良くデザインされたCDジャケットと5つの有名なウェブサイトを通して、これを学んでいくことにしましょう。

見た目がカッコ良いCDジャケットはたくさんありますが、それとは別に「良いデザインのCDジャケット」というものがあります。

良いデザインのCDジャケットとは、芸術的であるばかりでなくマーケティングの面でもより効果的に作られたもののことです。これらはアルバムの内容が的確に表現されており、その内容が見て分かることそれ自体を売り上げにつなげるのです。

これこそが、素晴らしい視覚的デザインのあるべき姿です。もしあなたがデザイン作業に新鮮な刺激が欲しいなら、良いデザインのCDジャケットを見ていくのが手っ取り早いでしょう

良いデザインのCDジャケットに学ぶ3つのポイント

1. 限られたスペースを最大限に活かすこと

CDジャケットは、限られたスペースを最大限に活用しなければなりません。小さな正方形の中に、通常、次のような要素が盛り込まれています。

・アーティストとアルバムの名前

・おそらくはアーティスト自身

・中身を適切に伝える色や素材などのスタイル

・より細部に渡る芸術的なこだわり

2. 一つの要素に焦点を絞ること

良くデザインされたCDジャケットは、他の優れた作品と同様、一つの要素に焦点を絞ってデザインをします。他の細かな部分は、その中心となる要素を引き立てる役割を果たします。

3. 芸術的であると同時にマーケティングについてもより良いものであること

最高に良くデザインされたCDジャケットは芸術作品です。豪華で印象的な芸術作品はそれだけで保証感を与えてくれます。壁にかける絵画のように、芸術として見る価値があり、実際に多くの人たちがCDジャケットを壁に飾っています。あなたにも、CDジャケットをポスターにしている友人がきっといるでしょう。

しかし、こうしたCDジャケットは同時にコンテンツマーケティングの点でも優れた仕事をしています。そのアルバムの音楽やアーティストに期待されるものがどんなものかひと目で分かるような、個性やオリジナリティーを良く伝えるものになっているのです。

よくデザインされた5つのCDジャケット

Weezer – Blue Album

Weezer – Blue Album

Weezerは、ルックスも歌詞の内容も90年代のバンドとは思えないようなバンドで、このカバーではそうした彼らのおたくっぽさを前面に押し出しています。

単一色の背景のおかげで、バンドメンバー自身に目が行くようになっています。横一列に並んだ、およそバンドメンバーっぽくないぎこちない立ち方が、その特徴を良く伝えています(後にリリースされたGreen Albumでは、Weezerのそうしたキャラクターをいくらか控えめに表現しています)。

Ramones – Ramones

Ramones – Ramones

Ramonesの音楽は、実にモノクロームがよく似合い、そのデビュー・アルバムのカバーも実際にモノクロ、白と黒だけで表現されています。加えて、着ている服や撮影場所の雰囲気から、彼らの音楽がニューヨーク・パンクであることが分かります。

Ramonesの音楽はパンクであると同時に飾り気がなく、カバーにもそれが反映されています。例えば壁に派手なヒップホップのようなグラフィティはありませんし、たくさんのアクセサリーもつけていません。特に気取ったポーズもとっておらず、コンバース、ジーンズ、革ジャン、長髪など、シンプルなロックンロールの象徴となるファッションを身にまとっています。

Jay-Z – The Black Album

Jay-Z – The Black Album

2003年に引退宣言とともに発表されたJay-Zのアルバムは、円熟した、高級感あふれる彼らの音楽の集大成で、カバーもそのことをよく表しています。

黒とグレーの色使いとクラシックなフォントはその高級感をよく表しています。ちゃらちゃらしたギャングスタ・ラップではないことが分かります。

しかし、そこに野球帽があることで、彼らの音楽がやはりラップなのだということを上手く表現しています。

Aphex Twin – Windowlicker

Aphex Twin – Windowlicker

The Designer’s Republicが手がけた最も悪名高いCDジャケットデザインの一つです。Aphex Twinのシングル“Windowlicker”は、ひねくれていて下品ですが、同時に未来的でセクシーな音楽です。

この二面性がカバーに見事に表現されています。Aphex Twin本人の顔を女性の身体に乗せたところにひねくれた下品さがよく表れており、同時にビキニのボディでセクシーさを、使われているフォントに未来的なイメージを持たせています。

The Rolling Stones – Sticky Fingers

The Rolling Stones – Sticky Fingers

アンディ・ウォーホルによる悪名高いこのカバーデザインほど、The Rolling Stonesのセックス、ドラッグ、ロックンロールのイメージを直接的に表現したものは他にないでしょう。薄汚れたテキスト、粒子の荒いモノクロ写真、タイトなジーンズと、どうしても目が行く股間の膨らみなど、すべてがそのアルバムに入っている音楽そのものを表しています。

にも関わらず、そこには下品さそれ自体を目的にしているわけではない下品さ、とでも呼ぶべきものが確かに表現されています。The Rolling Stonesは実にプロフェッショナルに徹したバンドであり、このジャケットは決してそのプロフェッショナル性を安っぽい下品さで損なうことものではありません。

(アナログ盤では、実際に下げることのできる本物のジッパーが取り付けられていました)

CDジャケットの手法をうまく利用した5つのウェブサイト

Daring Fireballを運営しているJohn Gruberは、たとえばApple製品のような、クリーンでシンプル、洗練された電子機器を好みます。彼のブログのデザインはそのことを反映しており、初めての来訪者でもすぐに、そこに何があるか予感することができます(グレーの色使いも、ガジェットについて書かれていることを彷彿させます)。

ブログを書くのに最も簡単で、同時に最も楽しいやり方。この両方を満たすサイトだということが、Tumblrのトップページに効果的に表現されています。

ウェブサイトを構築する、最も手軽で、洗練されていて、同時にエレガントな方法。Tumblrと同様、Squarespaceのトップページでは、これら複数の要素が完璧に提示されています。光沢のあるなめらかなデザインを見ると、すばらしいウェブサイトのデザインテンプレートが見つかる期待が高まります。

愛すべき嫌われ者、とでも言うべきファッションブランドです。その大胆さがトップページによく表されていることに異論の余地はないでしょう。服やそれを着たモデルの写真は一切なく、グレーの背景に力強いフォントを置くことで、良くも悪くも、普通のファッションブランドではないことを印象づけます。

ロックスターのようなかっこいいことを書いて出版しよう。コントラストの高いデザインがそんなエキサイティングなイメージを演出します。マイクの代わりにキーボードを持ったロックスターになろう、とでも言っているみたいです。

CDジャケットを研究して、デザインを磨こう

次回、あなたがデザイン作業を行っていて何か新しい発想が欲しくなったら、ぜひ、良いデザインのCDジャケットを研究して、デザインを磨きましょう

限られたスペースを最大限に活用し、ひとつの要素に焦点を絞ること、それによって芸術的であると同時に商業的にも効果的なデザインが創造できます。きっと、視覚的なデザインをさらに良いものにするアイデアを見つけることができるでしょう。

あなたの番です。あなたの好きな、良いデザインのCDジャケットは何でしょう?

これまでに、CDジャケットから着想を得たことはありませんか?