パワーポイントのファイルサイズを圧縮する方法

今回はPowerPointのファイルサイズを圧縮する方法についてご紹介します。

PowerPointには様々なフォーマットのファイルを載せて資料を作成することがありますが、画像ファイルなどが多くなってくると、数十MBのファイルサイズになってしまうことも少なくありません。

そんな時に資料本体に影響なく、ファイルサイズを圧縮する方法があります。

画像の圧縮によるファイルサイズの縮小

最も良く使われるものが、画像の圧縮です。

手順は、以下の2ステップです。

  • 「ファイル」タブの「名前をつけて保存」から、保存場所を選択。
  • 「ツール」の中の「画像の圧縮」を選択。
  • 以下のような画面が出てくるので、圧縮オプションの「図のトリミング部分を削除する」にチェックをつける。

図1


これらを行うことで、図でトリミングした部分(表示されない部分)がデータ上でも削除されます。

また、解像度の選択で解像度を下げることでもサイズは小さくなりますが、資料の画質に影響するので用途を見極めながら対応しましょう。

復元用のデータ破棄によるファイルサイズの縮小

トリミングや図の明るさを変えたりなど図に加工を加えている場合、復元用のデータが蓄積されていきますが、これを破棄することでもファイルサイズを小さくすることができます。

図2

手順は、以下の通りです。

  • 「ファイル」タブからオプションに入り、詳細設定をクリックする。
  • その中の「イメージのサイズと画質」に「復元用の編集データを破棄する」という項目をチェックする。

以上の手順で無駄なデータを破棄し、ファイルサイズを小さくすることができます。

ファイルサイズ縮小時の注意点について

PowerPointのファイルサイズ縮小の作業を行う際は、解像度が変わってしまったり復元が難しくなる場合もあるので、必ずバックアップを取るようにしましょう。