WordPressのサーバーを移行する方法

WordPressを全て他のサーバーに移行させる必要がでてくることが意外と多くあります。

今回は、すでに運用しているWordpressを滞りなく移行するための方法を説明していきます。

下記の手順に沿って移行を行えば、プラグインやカテゴリーなどを改めて設定する必要がないので、ぜひ参考にしてください。

WordPressのサーバーの移行手順

1. バックアップのためファイルをダウンロード

最初に、サーバー内にあるファイルを全てパソコンのローカル環境へダウンロードしましょう。

WordPressは、ファイルとデータベースで構成されているますので、ファイルとデータベースの2種類の情報をバックアップする必要があります。

まずファイルですが、アップロードした画像ファイルやテンプレートのテーマを構成するファイル、プラグインを使っている場合はプラグインのファイルも必要です。

ファイルはサーバーの中にありますので、FTPソフトを使ってサーバーへアクセスするとファイルの保存場所が確認できます。

データベースの方は、記事の中の文章やHTMLタグやテーマ設定、プラグイン設定やウィジェット設定などの情報を持っています。これらはファイルとは別のところに入っています。

2. 旧サーバーのデータベース(MySQL)をエクスポート

WordPressファイルのダウンロードが完了したら、次はデータベースをエクスポートします。

使用している旧サーバーからphpMyAdminにログインし、使っているデータベース名を選択します。

そして、上部にある「エクスポート」のタブを選んでください。エクスポートの画面が開いたら、該当ファイルを選びます。

全て該当するようであれば「全選択」を、不明なときは「wp-config」をチェックしましょう。

ファイル選択後は、以下の点にチェックを入れてください。

・構造

上から4つにチェック。

(「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE  / FUNCTIONを追加」「IF NOT EXISTSを追加」「AUTO_INCREMENT値を追加する」「テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む」)

・データ欄

見出しの「データ」にだけチェック。

・ファイルに保存する

見出しの「ファイルに保存する」にチェックを入れ、その下の「zip形式」を選択。

すべてのチェックが完了したら、画面右下にある「実行」ボタンをクリックしましょう。自動的にファイルのダウンロードが始まります。

3. ダウンロードしたWordPressの一部を変更

新しいサーバーで、新たにデータベースを作成します。

それが終わったら最初にダウンロードしたローカルにあるWordPressファイル内のwp-config.phpの一部を、新サーバーに合わせて以下のように書き換えます。

  • define('DB_NAME',''移転先のデータベースの名前に変更');
  • define('DB_USER','移転先のデータベースのユーザー名に変更');
  • define('DB_PASSWORD','移転先のデータベースのパスワードに変更');
  • define('DB_HOST','移転先のデータベースサーバーのアドレス');

※define('DB_HOST','localhost'); になっている場合は、変更の必要がない場合もあります。

4. ローカルに保存したWordPressファイルを新サーバーにアップロード

前述の設定が完了したら、FTPソフトを使って新サーバーにアップロードしましょう。

このとき、設置ディレクトリを旧サーバーと同様の状態にしておくことをおすすめします。

5. 新サーバーで旧サーバーのデータベースをインポート

新サーバーからデータベース(phpMyAdmin)にログインし、新しく作成したデーターベース名を選びます。

次に、上部にある「インポート」タブを選択し、手順2でzipファイル形式でエクスポートしたデータベースをインポートします。

※「エンコーディングへ変換する」というチェックボックスがある場合は、なし(non)にしておきましょう。

6. ドメインの設定

旧サーバーのドメイン設定を削除し、新しいサーバーでドメイン登録を行います。

その後、ネームサーバーの設定を変更を行う必要があるので、取得しているドメインの管理元で設定変更を行ってください。

7. サイトの確認

全ての設定が反映されたら、サイトが問題なく表示されるか確認しましょう。エラーが出た場合は、設定の見直しを行ってください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square