php.iniファイルの場所を調べる方法

PHPのさまざまな設定を行うファイルが php.ini ファイルです。php.ini ファイルには使用するライブラリの設定や文字コードの設定、エラー表示のON/OFFなどさまざまな設定を行うことができます。では、php.ini ファイルがどこにあるのか、場所を調べるにはどうしたらよいでしょうか。

コマンドでの確認

サーバにログインしコマンドを入力できる場合、簡単なのは php --ini と入力することです。

php --ini

すると以下のように表示されます(Windowsの場合)。

Configuration File (php.ini) Path: C:\Windows
Loaded Configuration File: C:\PHP\php.ini
Scan for additional .ini files in: (none)
Additional .ini files parsed: (none)

php.iniの場所は「Loaded Configuration File」で示されています。

ただし、レンタルサーバなどの場合、この方法がとれない場合が多いです。

phpinfoの利用

php.ini の場所を探し出す方法として最も手軽なのは、phpinfo関数を利用することです。phpinfo関数ではphp.iniの場所だけではなく、さまざまなphpに関する情報を得ることができます。

phpinfo関数は引数も無く、単に呼び出すだけです。

phpinfo();

つまりファイルには以下のように書くだけです。

<?php phpinfo(); ?>

これ以外のことは書きません。このファイルを保存し、サーバを経由してブラウザで開きます。するとphpに関する情報が表示されます。

php.iniの場所

表示される情報の中で、php.iniの場所は「Loaded Configuration File」と書かれている欄です。そこに書かれているファイルが php.ini として読み込まれています。

php

その設定を書き直すことでPHPの設定を変更することができます。

php.iniの変更

php.iniはテキストエディタで変更することができます。ただし、よくわからない場所は変更しないようにしましょう。例えば、

display_errors = Off

のところを

display_errors = On

に変更することで、PHPに文法エラーがあった場合、表示してくれるようになります。

ただし、Webサーバの再起動を行わないと有効になりませんので注意しましょう。

まとめ

PHPをインストールし使い始めるとき、php.ini の設定は見直しておいた方がよいでしょう。そのときに phpinfo() を使って場所を特定してみてください。