iPhoneのMMSの使い方

MMSって何?

iPhoneで、携帯電話キャリアのメールアドレス(「○○○@ezweb.ne.jp」や「○○○@softbank.ne.jp」など)とメールのやり取りをするには、普通のEメールのようにメールアプリを使うことはできません。メッセージアプリを使用します。

これは、iPhoneのメールアプリが、日本独自のキャリアメールに対応していないためであり、MMSに変換されることで、文字や絵文字、件名、画像などのデータを受け取ることができます。ちなみにガラケーにMMSを送った場合は、相手は普通のメールと同じように受け取ります。

MMSを使う際の注意点

1. 送受信とも、3G(LTE)回線を使用するため、Wi-Fiを使った送信はできません。

2. ドコモのメールアドレスには対応していません。ドコモメールのアプリから送ることになります。

事前の設定方法

1. 「設定」→「メッセージ」をタップします。

209211

2. 「MMSメッセージ」をオンにし、MMSメールアドレスにキャリアのメールアドレスを設定します。

IMG_0254

 MMSによるメッセージの送信方法

1. 「メッセージ」をタップし、右上の四角とペンが書かれている部分をタップします。

IMG_1221

2. 宛先の右にある○に+の部分をタップし、連絡先で名前を選択し、メールアドレスをタップします。

連絡先

3. 画面上部に「新規MMS」と表示されていれば、MMSでの送信となります。(「新規iMessage」と表示されていれば、iMessageでの送信であり、ボイスメモも送られます。)

なお、入力欄の左側にあるカメラをタップし、画像を選択すると、画像が貼り付けられます。

IMG_0257

まとめ

MMSの機能について説明してきました。

今やLINEやGmailでメッセージを送るのが一般的だとは思いますが、ガラケーを使っている人とのやり取りや、LINEを使用していない人とのやり取りには、MMSは必要だと思いますので、ぜひ活用してみてください。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square