YouTubeで動画の編集をする方法

動画編集ソフトは無料、有料を含めたくさんあってなにを選べば良いか迷いますよね。

しかし、YouTubeの公式サイトでも基本的な編集は簡単にできます。具体的には、動画の長さの編集、動画に色彩を与えるフィルタ、さらにテキストと音楽の挿入が可能です。

ぜひアップロードする前に試してみてください。


公式サイトで動画を編集する方法

1.YouTubeにログイン

2.「アップロード」をクリック
右上にある「アップロード」クリックします。

1


3.「動画エディタ」をクリック
アップロードするファイルを選択する画面になりますので、右下にある「動画エディタ」をクリックします。

2


左側に編集用画面、右側にメニューとアップロードした動画一覧が表示されます。

右側のメニューには、それぞれのツールのアイコンが表示されています。ここで、それぞれの機能についてご紹介します。

ビデオカメラアイコン
動画の長さや色調の編集

「CC」
クリエイティブコモンズの略称で、著作権者の許可する範囲内で自由に使える動画を挿入できる設定

カメラアイコン
静止画の挿入

音符アイコン
音楽の挿入

2つの三角形のアイコン
トランジションの設定

aの文字アイコン
タイトルの挿入

?アイコン
操作方法のプチヘルプ

3

今回は、ビデオカメラアイコンのメニューについて掘り下げていきます。


4.動画の選択

まずは編集したい動画を選びます。

編集したい動画をドラッグして、編集用画面下にあるカメラマーク右側にドロップします。

ドロップすると動画の長さを調整できるようになります。

4


編集

編集にも様々な機能があります。

5-1.クイック編集

まずは、「クイック編集」です。

照明や明るさをワンクリックで変更できる「自動修正」を始め、スピードを調整できるスローモーションなどがあります。

チェックをつけて動画を確認したあと、チェックをはずせば元の動画に戻っていますので、いろいろと試してみましょう。

5


5-2.フィルタ

「クイック編集」の右隣りが「フィルタ」です。

動画全体に色調を与えます。

6


5-3.テキスト

「フィルタ」のとなりは「テキスト」です。

テキストは動画に文字を入力する編集で、動画の上側、中央、下側に入力することができます。


7


5-4.音声

一番右橋が音声になり音量などに変更を加えられます。

8


全ての編集が終了したら右上にある「動画の作成」を押してください。

そうすると、編集を加えた動画を作成することができます。


まとめ

以上、ご紹介したように基本的な編集であれば公式サイトで十分にできますし難しい作業ではないと思います。

ただし静止画や音楽の挿入の際には著作権フリーなことを確認ください。