Google Chrome でパスワードの保存を確認しないようにする方法

Chromeでは、入力したパスワードを保存するかどうかを確認するメッセージが表示されるように既定で設定されています。

今回は、この確認をしないように設定する方法をご紹介します。

パソコンでChromeのパスワード保存を確認しないようにする方法

1. Chrome右上のメニューアイコン(縦に並んだ3本の線)をクリック

メニュー

2. ドロップダウンのメニューから「設定」を選択

設定

3. 設定ページの一番下に表示される「詳細設定を表示」を選択

詳細設定を表示

「パスワードとフォーム」の下にある「パスワードの保存を確認する」のチェックボックスをオフにすると、パスワードの保存を確認しないようにできます。

パスワードの保存を確認するオフ

パスワードの保存を確認するように再設定する時は、チェックボックスをオンにしてください。

パスワードの保存を確認するオン

携帯端末でchromeのパスワード保存を確認しないようにする方法

1.  Chromeアプリの右上にあるメニュー(縦に並んだ3つの点)をタップ

mobile メニュー

2. ドロップダウンのメニューから「設定」をタップして選択

mobile 設定

3. 「パスワードを保存する」をタップして選択

mobile パスワードを保存する

 画面の一番上にある「パスワードを保存する」の右にある青いスライダーをタップしてオフにすれば、パスワードの保存を確認しないようにできます。(スライダーの色が黒くなります)

mobile パスワードを保存するオフ

パスワードの保存を確認するように再設定する時は、黒いスライダーをタップしてオンにしてください。(スライダーの色が青くなります)

mobile パスワードを保存するオン

まとめ

自分だけが使うパソコンなら、パスワードを記憶させておくのは大変便利です。

しかし、同僚などとの共用パソコンではそういうわけにいきませんので、この方法を使ってうっかりパスワードを記憶させないようにしておきましょう。

また携帯端末の場合、万が一の紛失などでパスワードの漏洩が心配な方にもおススメの設定です。


イベント

2017/12/05(火)
Design Thinking Square