Dropbox初心者向けガイド

パソコンでDropboxを利用する際に、使い方は大きく分けて2つあります。Webブラウザから利用する方法と、アプリケーションを使って利用する方法です。

今回はWebブラウザからDropboxを利用する際の使い方をご紹介します。

WebブラウザからDropboxを利用する

アカウントの作成が済んだら、早速Dropboxを利用してみましょう。

まずはDropboxにアクセスしてログインします。アカウントの作成がすんでいない場合は、以下の様なトップ画面に必要事項を入力して「登録する」を押してください。

スクリーンショット 2016-03-06 10.42.55

ログインは右上のログインを押して行います。

この様な画面が出るので、ログインを完了してください。

スクリーンショット 2016-03-06 11.03.38

実際の表示とは少し異なりますが、以下の様な画面が表示されます。

基本的には、このホーム画面の赤い枠内のみでファルの操作を行うことができます。

db5

各ボタンの説明

ファイル操作は、検索ボックスの左側の4つのアイコンから行うことができます。

一番左がファイルをアップロードするボタンです。

db6

次が、フォルダを作成するボタンです。

db7

そして、3つ目のフォルダに虹がかかっているアイコンはフォルダを共有するボタンです。

db8

押すと、新しくフォルダを作成して共有するか、既存のフォルダを共有するかを選択することができます。

4つ目のゴミ箱のアイコンは、パソコンのゴミ箱と一緒で、削除したファイルが表示されます。

db9

クリックすると、ゴミ箱のアイコンが開いた状態になり、ホーム画面にそのまま削除したファイルが表示されます。

db10


このままでは使いづらいので、必要がなくなったらもう一度ゴミ箱のアイコンを押します。すると、ゴミ箱のアイコンは閉じた状態になって、削除されたファイルは表示されなくなります。

この4つのボタンだけで、ファイルのアップロード、フォルダの作成、フォルダの共有、削除したファイルを確認することができます。基本的にはこれでDropboxを利用することができます。


イベント