Macでゴミ箱を空にする方法

削除されてゴミ箱に移動したファイルは、まだディスク上に存在しています。

このゴミ箱を空にすることで、ディスク上から完全にファイルを削除できる訳ですが、実は「ゴミ箱を空にする」には普通の「ゴミ箱を空にする」ともう一つ「確実にゴミ箱を空にする」という選択肢が存在します。

それぞれの違いと方法をご紹介します。

ゴミ箱を空にする

ゴミ箱に移動したファイルをディスクから削除する通常の方法です。

削除する速度も速いので、通常の使用であればこちらで問題ないでしょう。ゴミ箱を空にするには、まずゴミ箱を選択してゴミ箱のフォルダを表示させます。

右上の検索ボックスの下に空にするボタンがあるので、これを押してください。

mac1

警告が出るので、確認して大丈夫だったら「ゴミ箱を空にする」を選択してください。

スクリーンショット 2016-03-06 20.34.08

もしくは、ゴミ箱のフォルダ上で右クリックをすると、画像のようなメニューが出るので、そこでゴミ箱を空にするを選択しても、ゴミ箱を空にすることが出来ます。

スクリーンショット 2016-03-06 20.34.18

確実にゴミ箱を空にする

Finderのメニューバーから確実にゴミ箱を空にするを選択して実行します。

しかし、このようにゴミ箱を空にするしか表示されない場合もあります。

スクリーンショット 2016-03-06 20.38.12

Finderのメニューに「確実にゴミ箱を空にする」が表示されていない場合は、そのまま環境設定を押してください。

環境設定の詳細タブから、確実にゴミ箱を空にするのチェックが外れている場合は、チェクをつけて表示させて実行してください。

更に、現在OS X El Capitanにアップデートすると、この項目は無くなってしまっています。詳細タブにもないので、表示されていない場合は項目自体がないOSの可能性があります。