iCloudの同期を利用してMac/iPhone/iPadでリマインダーを共有する方法

iCloudの同期を利用することで、Mac・iPhone・iPadでリマインダーの情報を共有することができます。

使いこなすと、大変便利なので是非利用してみてください。今回は、そのリマインダーの共有の仕方をご紹介します。

iCloudを使ったリマインダーの共有の仕方

Macのリマインダーを共有する

まずは、環境設定からiCloudの設定画面を開きます。

スクリーンショット 2016-03-08 14.23.43

メニューバーからシステム環境設定を選択します。

53_1

システム環境設定のウィンドウが開くので、iCloudのアイコンを選択してください。

55_1

iCloudの設定画面が開きます。右側のアプリケーションの中からリマインダーを見つけて、チェックをつけてください。既にチェックが入っていたらそのままで大丈夫です。

iPhoneのリマインダーを共有する

iPhoneの方でも同じように、リマインダーの共有の設定を行います。

55_2

このようにiPhoneを起動したら、設定のアイコンをタップしてください。

55_3

設定画面が表示されるので、下の方にスワイプしていきます。

55_4

スワイプしていくと、iCloudの項目があるので、それをタップしてiCloudの設定画面を開きます。

55_5

iCloudの設定画面です。これもリマインダーの項目は下の方にあるのでスワイプしてください。

リマインダーの項目がありました、ここのチェックをつけて、緑色の状態になっていると共有される状態になります。

今は緑になっていない、チェックが外れた状態なので、タップして緑にしておきます。これでiPhoneでの設定は完了です。

iPadでのリマインダーの共有

iPhoneと設定の手順は同じですので、同じようにして設定してください。

リマインダーの共有が完了

Macのリマインダーで、テスト入力をしてみます。

スクリーンショット 2016-03-08 18.27.20

上の画面は、Macでのリマインダーです。テストと入力してみました。

そしてこれは、iPhoneのリマインダーです。Mac上で更新したリマインダーの情報が反映されています。

リマインダーの共有の仕方は以上です。簡単な設定で利用できるようになるので、ぜひ実行してみてください。