Windows10でタスクマネージャーを起動する方法

コンピューターで実行されているプログラム、プロセスやサービスはタスクマネージャーに表示させることができます。

特に応答していないプログラムを終了するときにタスク マネージャーはよく使われます。ネットワークに接続しているときは、ネットワークの状態を表示したり、動作状況を確認することも可能です。

今回はタスクマネージャーを起動する方法を紹介します。

タスクマネージャーを起動する方法

起動する方法として、Windows10の「スタートボタンから」、「タスクバーから」、「ショートカットから」、「音声アシスタントである「Cortana」から」開くなど、いくつかの起動方法があります。

順番に紹介していきます。

スタートボタンから

まずはWindows10のスタートボタンを右クリックしてください。中央あたりにタスクマネージャーの表示があります。

1

タスクバーから

タスクバーから起動する方法として、タスクバーを右クリックしてください。下側にタスクマネージャーが表示されます。

2

ショートカットから

ショートカットから開く方法として「ctrl」+「alt」+「delete」を同時に押します。

キャプチャ

Cortanaから

Windows10の音声アシスタントである「Cortana」には「Taskm」と入力すると検索結果にタスクマネージャーが表示されます。

3

まとめ

タスクマネージャーは異常時に立ち上げ、プログラムの応答やネットワークの状況するときに一番使用すると思います。

いろいろな立ち上げ方を覚えて、異常時に対処できるようにしておきましょう。