Windows10の「設定」と「コントロールパネル」の違い

Windows10から「コントロールパネル」のほかに「設定」というメニューが追加されました。

「設定」と「コントロールパネル」にはどういった違いがあるのかや、立ち上げ方の方法について紹介します。

「設定」と「コントロールパネル」の違い

実は、「設定」と「コントロールパネル」にはあまり大きな違いはありません。

Windows8以降、マイクロソフトはタブレットとパソコンのOSを統一し始めました。「設定」はタブレットを中心によく使う項目の設定、「コントロールパネル」はパソコンを中心とし、全体にわたる詳細設定を変更できます。

簡単な設定の変更は「設定」、詳細な設定の変更は「コントロールパネル」を使うとよいかもしれません。ただし、項目によっては「設定」と「コントロールパネル」でリンクしているものもあるようです。

「設定」と「コントロールパネル」の立ち上げ方

「設定」を立ち上げてみましょう。

Windows10のスタートを左クリックするとメニューが表示されるので下から3番目の「設定」を選択します。

1

「システム」、「デバイス」など9つの設定項目が表示され、タブレットでのタッチでも操作性の良い大きめのアイコンとなっています。

2

つづいて「コントロールパネル」の立ち上げ方です。

Windows10のスタートを右クリックしてください。そうすると少し下側に「コントロールパネル」がありますので選択します。

3

こちらは従来のWindowsからある「コントロールパネル」と同じ表示となります。

4

まとめ

「設定」はタブレット用に操作性を重視したメニュー、「コントロールパネル」は詳細設定用と覚えて頂ければ良いかと思います。

立ち上げ方はWindows10のスタートボタンを右クリックか左クリックなのでご注意ください。


イベント