Windows10でディスプレイの解像度を変更する方法

近年ディスプレイの解像度があがり、非常に鮮明さを増しました。

しかし、画面に表示される情報量が多くなった反面、字が小さくなって見づらくなる場合もあります。

そういう場合、解像度を下げることによって画面に表示される情報量は少ないですがアイコンや字が大きくなり見やすくなります。

今回はディスプレイの解像度を変更する方法を紹介します。

ディスプレイの解像度を変更する方法

「コントロールパネル」から変更する方法と「設定」から変更する方法があります。まずは「コントロールパネル」から変更する方法を紹介します。

「コントロールパネル」から変更する

Windowsのスタートボタンを右クリックして、コントロールパネルを選びます。コントロールパネルの項目が表示されたら、「ハードウェアとサウンド」を押します。

1

「ディスプレイ」にある「画面の解像度の調整」を選びます。

2

中央にある「解像度」を下にスライドすると解像度が下がります。決定したら「OK」を押します。

3 (2)

次に「設定」から変更する方法を紹介します。

「設定」から変更する

Windowsのスタートボタンを左クリックを押して「設定」を選んでください。「設定」の一覧が表示されたら「システム」を選びます。

4 (2)

左側にある「ディスプレイ」を選択し、右側の下にある「ディスプレイの設定」を押します。

5

「ディスプレイの詳細設定」の中央に解像度一覧がありますので、そこを押して解像度を選択します。

6 (2)

まとめ

「コントロールパネル」、「設定」から解像度を変更する方法を紹介しました。解像度の変更は予期しない問題がありますので注意して変更してください。