Windows10でファイルの拡張子を表示する方法

Windowsで使用するファイルには、ひとつひとつに拡張子がついています。拡張子とはファイルを識別するために、ファイル名の末尾につけられる文字列です。たとえば、「夏休み.jpg」や「重要書類.doc」などです。

Windows10の初期設定では拡張子が表示されないように設定されていますので、ファイル名からどのソフトウェア、アプリケーションで作成したファイルを推測しなくてはなりません。ファイルが多くなると推測も容易ではなくなるので、今回は拡張子を表示する方法を紹介します。

Windows10でファイルの拡張子を表示する方法

拡張子を表示させる方法はいくつかあります。ご紹介するのはエクスプローラーのオプションから設定する方法と、エクスプローラーのアクセスツールバーから設定する方法です。まずはWindowsのスタートボタンを右クリックして、「コントロールパネル」を表示してください。

1

「デスクトップのカスタマイズ」を選択します。

2

「デスクトップのカスタマイズ」で表示された一覧から「エクスプローラーのオプション」を押します。

3

上部の表示されるタブを「表示」に切り替え、中央に表示される「詳細設定」を下にスクロールすると「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずし「OK」を押すと、拡張子が表示されるようになりました。

4

さらに簡単な方法はエクスプローラーのアクセスツールバーから設定する方法です。エクスプローラーからフォルダーを開き、上側に表示されるアクセスツールバーのタブから「表示」を選びます。右側にある「ファイル名拡張子」にチェックを入れても拡張子が表示されるようになります。

5

まとめ

拡張子を表示するにはエクスプローラーのオプションから設定する方法とエクスプローラーのアクセスツールバーから設定する方法があります。拡張子を表示させることで使用したアプリケーションとの関連性が見えるので間違って削除することも減少すると考えられます。

拡張子を表示させたい人はぜひ今回の方法を参考にしてください。